Photoshop によるデジタル絵画入門:ブラシ編

大きさや角度を変えながら遠景の山を描く

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
一度作ったブラシはそのままでは無く、ブラシをカスタマイズしながら自分が使いやすいように調整しましょう。
講師:
06:35

字幕

このレッスンではブラシの大きさ、角度といったものを変えながら円形の山を描いていきます。バックグラウンドはできているのでその上に山を描きたいと思います。レイヤーを1枚追加します。これは山用のレイヤーということです。では山はですね、stone というこの岩ブラシを使っていきましょう。この岩ブラシは設定したのがこうクリックする度に大きさと角度が変わってしまうんですね。ということはここで山を描こうと思った時に自分が描きたいような角度で表示されるかどうか分からないのでカスタマイズをしていきます。レイヤーを新しくしました。ブラシパネルですね、これちょうど選ばれていますのでこれはシェイプで管理しているんですね、サイズのジッターそれから角度こういうふうにシェイプで管理しているのでシェイプのチェックを外すだけです。そうするともう大きさも角度も変わりません。でもこの場合少し左に傾けた方が良さそうな感じがしますのでその時はブラシの先端のシェイプのここ角度ですね、これをコントロールします。こんな感じでいい感じです。大きさですね、ちょっと大きくして大きい山をぼこんと置きたいのでもう少しですかね、上の方に来るとpixel の...ガーンといきなり大きくなってしまうので微妙に動かすようにしてください。 このぐらいで良いと思います。新しいレイヤーにここでクリックして今白ですね、とりあえず背景はちょっと暗めのこんなふうにしましょう。すごいですね、強烈ですね。この強烈なのを一応抑えておいてこのままだと何が起きるのかというとブラシって単色で描かれていて下に例えば他のものが来るとこんなふうにこう重なっていってこれはこれで面白い効果も出ますがまあ透けているような存在になってしまうのでこれはここですね、ぴったりではなくても少しずれていてもいいのですがここでクリックを重ねていきます。そうするとちょっと面白い効果。下の中はほぼべた塗り状態で上にさっき使ったちょっと暗めの山少し周りにゴミがブラシを作るときになんていうのが表現できます。この辺にちょっと綺麗に取りきれていない所は見えていますのでその辺は消しゴムを使ってしまいましょう。消しゴムで、こちらですね。両方にあるはずですけれどもちょっと下の方の赤い色を塗った方が激しく見えるのでこんな感じで塗ってしまいましょう。ここもありますね。もう1つ後ろに山を付けたいのでここでもレイヤーを新しくして今度はブラシのこの山の別の部分を使って描いていこうと思います。「ブラシ」で「回転」ですね。どこを使うのかというとここでいうと右下の方の所を使っていきたいのでこれをずっとこういうふうに回していってこんな感じにですね、ちょっと角度がまあどこでもいいんですけれどね。 自分の気に入った場所を見つけてください。ここが背景になるので背景の部分というのは後ろに行けば行くほど空の色が反映されますのでこんな感じで今2回もうクリックしましたがその上にブルーの、これは1回クリックで表面をこんな感じでいければいいと思います。後ろの山と手前の山と今逆転してしまっていますよね。これはレイヤーをこう2つ選択してちゃんと下側に運んでおいてあげましょう。もうちょっとこれは両方選択してあるとこんなふうに自由に動かすことができますのでさらに変形させたいなんていうこともあると思うのでそういうときは「編集」>「変形」を選んでいくとここが少し柔らかいなだらかなものにしたかったのでこんなふうにすると稜線が柔らかい感じにできあがると思います。やはりもう1つこことここですね、これはもうグルーピングしておきましょう。先程はフォルダを作ってグルーピングしましたが今は Shift キーを使って挟み込むように4枚のレイヤーを追加しました。ここでグルーピングするのはWindows だと CtrlMac だと Command を押しながらグループの G を押していきます。そうするとここ先程やったものと同じようにグループができます。 この方法の方が一気にグルーピングできるので良いと思います。これはという感じで名前を付けておきましょう。このレッスンでは岩ブラシを使って大きさや角度を変えながら円形の山を描いてみました。

Photoshop によるデジタル絵画入門:ブラシ編

Photoshopの基本ブラシの描点はグレースケールで作られています。グレースケールでできた描点をどのように連続させて描くのかをブラシパレットでコントロールするのがブラシのカスタマイズです。このコースではPhotoshopに用意されていないオリジナルブラシを作成し、そのブラシを使ったデジタル絵画の描き方について解説します。

3時間04分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年09月30日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。