Photoshop によるデジタル絵画入門:ブラシ編

レイヤー効果を使いエンボスとドロップシャドウを追加する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
エンボスを使うと絵の具が盛り上がり立体感が出てきます。
講師:
03:52

字幕

基本的なブラシ、これから使っていこうと思ってるブラシが出来たのでこれから新規ファイルを開いて作業していこうと思います。ドキュメントの種類は花を今回は描いていきたいので縦型でいきます。A4 の縦でいきます。ここに背景で構いませんのでレイヤー1を作りましょう。レイヤー作って、ここにこんな風に今ちょっと筆の太さに追従してこないので筆圧を使って描けるようにしましょう。「シェイプ」の所ですね、ここで「コントロール 筆圧」にしましょう。筆圧使ったのと使ってないのと両方あって構いませんのでこんな風にランダムに適当に描いています。そうすると、この筆跡を重ねないように今描いてるんですけどこれから描いたものにちょっとした効果を与えて絵具が盛り上がったような感じにしていきたいと思います。それをどうするのかというとエンボス効果というのがあります。かなり特殊なんですけど「べベルとエンボス」というここに fx と書いたボタンそこからこういうのが出てきます。こう見ると「べベルとエンボス」使っているか使っていないかというのもう全然違いますよね。あまりこうべベルっていう飛び出した形ですね。ここを見てもらうとわかりますね。 これがプレビューになりますので「サイズ」ですね、あまりひどくがっと出していくのもおかしいのでちょっと出てるぐらいの状態、これでも大分違いますよね。もう1つは、シャドウを付けてしまいます。「ドロップシャドウ」と言いますけど強烈に付けるとこんな感じになります。今は光の当たってくる方こちらなので、こうですね。ここらへん見ると全然違ってきますよね。距離を今凄く大きくしたんですけど距離は適度にして不透明度、上げると真っ黒い影になります。こうざっとずれてくるので見えてくると思うんですけど100% はちょっと強すぎるので50% ぐらい、そして「距離」ですね、今いじったのは。距離もあまりやってしまうと開いてしまうと本当にキャンバスから遠い所に絵具が塗られたみたいになってしまうのでこんな感じで「サイズ」というのがあります。これはぼかしのサイズなんですね。もやっと柔らかい影を落とすかどうかというこれも軽くかけておいて「スプレッド」というのはこの影の大きさをコントロールするんですけどもうちょっと元の素材と同じ影だったのがこっちにすると影が大きくなるんですね。これは今回使わなくても大丈夫ですね。では距離、もう少し縮めてこんな感じで「べベルとエンボス」それから「ドロップシャドウ」を使ってみました。 ちょっと盛り上がった感じしますよね。このレッスンでは盛り上げた絵具を表現するためにエンボスとドロップシャドウを追加していきました。

Photoshop によるデジタル絵画入門:ブラシ編

Photoshopの基本ブラシの描点はグレースケールで作られています。グレースケールでできた描点をどのように連続させて描くのかをブラシパレットでコントロールするのがブラシのカスタマイズです。このコースではPhotoshopに用意されていないオリジナルブラシを作成し、そのブラシを使ったデジタル絵画の描き方について解説します。

3時間04分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年09月30日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。