商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

印刷ワークフローの解説

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Illustratorを使った印刷物制作ワークフローについて解説します。
講師:
01:38

字幕

このレッスンでは Illustrator の印刷物制作ワークフローについて解説します。印刷物の素材となるデータには文字のほか、地図やロゴ、イラストなどの図版そして写真素材などが挙げられます。これらを Illustrator 上のアートボードに配置してデータを制作し完成したデータを印刷会社へ入稿します。入稿の際には素材とレイアウト一式をフォルダに纏めて入稿するネイティブ入稿とPDF ファイルのみを入稿するPDF 入稿があります。またレイアウト制作においては紙面設計から素材の配置、配色、文字の書式設定や印刷データならではの入稿前処理、そして今後も同様のレイアウトを受注する際に効率よくデータ運用するための手法があります。こうした印刷物データならではの制作、入稿に関わる知識を解説しつつIllustrator を活用しながら様々な印刷物データの制作ルールとテクニックについてご紹介していきます。Illustrator をフル活用して効率の良いデータ作りをマスターしましょう。このレッスンでは Illustrator を使った印刷物制作ワークフローの全体像について解説しました。

商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

Illustratorは印刷物の制作に適した機能を豊富に備えています。このコースでは印刷物データの新規作成や紙面設計、配置画像の扱いや印刷インキの指定方法といった知識から、入稿用パッケージや印刷用PDFの作成方法、入稿前のデータチェックの手順まで学ぶことができます。印刷トラブルを回避するためのデータ制作テクニックも豊富に解説します。

7時間32分 (95 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
価格: 2,990
発売日:2016年10月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。