商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

印刷データの用紙設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
印刷物の仕上がりサイズと用紙の種類について解説します。
講師:
02:30

字幕

このレッスンでは印刷物の仕上がりサイズと用紙の種類について解説します。Illustrator では制作するドキュメントの用紙サイズの設定が自在に行えます。最大で幅、高さともに約5メートルまでの用紙を用意することができ大型の看板や交通広告などもIllustrator で制作しているものも多くあります。その中で制作する用紙サイズを指定するわけですが規格判のサイズを使用した印刷物が多数あります。規格判というのは ご覧の様なA 判、B 判のサイズを指します。ISO 国際標準化機構では A 判がJIS 企画では B 判が規定されています。Illustrator のドキュメントを設定画面と照らし合わせてみてみましょう。ご覧頂いているのは Illustrator の新規ドキュメントのダイアログです。この「プロファイル」の所でプリントを選びますと、様々な用紙が選べるポップアップがでてくるわけですがご覧の様に A 判、B 判のうちのA4、A3、B4、B5 といったものが選べるようになっています。それ以外のサイズの場合には幅、高さの所にそれぞれ指定の数値を指定していくわけです。ご覧いただいたような A 判、B 判でもA4、A3、B4、B5 といった4つのサイズのみでておりました。 それ以外の変形サイズの場合には直接数値を入力するわけですが今回は実際の制作のワークフローの中で印刷物のうち、名刺またはがき等もご紹介してまいります。名刺の場合には、実はご欄のような幾つかのサイズが規格で用意されています。一般にビジネスで使われているのは普通型4号、55mm×91mm といったものです。またはがきの場合には郵便の規格で完成はがきは100mm×148mm、最大でも 107mm から154mm の私製はがきなどが使えるようになっています。このサイズより大きい場合には規格外という扱いになり郵便料金も変わってきます。こうした印刷物と用紙の関係も知識として知っておくことをお薦めします。このレッスンでは印刷物制作における用紙サイズについて解説しました。

商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

Illustratorは印刷物の制作に適した機能を豊富に備えています。このコースでは印刷物データの新規作成や紙面設計、配置画像の扱いや印刷インキの指定方法といった知識から、入稿用パッケージや印刷用PDFの作成方法、入稿前のデータチェックの手順まで学ぶことができます。印刷トラブルを回避するためのデータ制作テクニックも豊富に解説します。

7時間32分 (95 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
価格: 2,990
発売日:2016年10月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。