商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

印刷工程知識

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
印刷データ入稿後の印刷工程について解説します。
講師:
04:32

字幕

このレッスンでは、印刷データ入稿後の印刷工程について解説します。Illustrator で制作したデータは入稿されるとまず、必要なデータが揃っているか不備がないかなど次の行程へ送るためのデータチェックを行います。この時印刷会社でも製作者と同じバージョンの Illustrator を使用し出来る限り同じ環境を再現した上でチェックしています。印刷会社側のチェックポイントは印刷トラブルが発生しない状態になっているかという観点と移行の行程スケジュールに応じた確認作業にとどまります。あくまでもチェックのみでデザインデータを改変することはせずに修正を要する場合で文字や色に関わるものはクライアントやデザイナーに相談して進行します。Illustrator の画面での操作について見ておきましょう。ご覧のようなデータ入稿があったような場合データチェックの担当者はワークスペースのプリントと構成を別にしたものを用いまして様々なチェックをしてます。まず、画面の表示をする際にアラート警告としてフォントやリンクに関わるチェックも行なわれているのですけれども表示文は表示されている画面とアウトライン表示、表示メニューのアウトラインプレビューで切り替えての確認また、アートボードパネルで全体にどんな構造になっているかといった物やレイヤーパネルでも各レイヤー層での確認そして何よりもインキに関わる情報として分版プレビューというパネルが用意されていますのでこちらでオーバープリントプレビューにチェックをし各インキごとの版の状態を確認していきます。 シアンだけの版、マジェンダだけの版イエローだけの版そして、墨版といいますが、ブラックだけの版の表示といった物をしていきます。この様に各版ごとの色の情報スワッチパネルの情報更に、配置画像の情報は、リンクパネルを用いての確認、詳細の情報も各写真、そして、選んでから情報の部分を確認すること等が行われています。データチェックという作業を専門でする方々もいらっしゃいますしまた、製版と呼ばれる印刷の版を作る前行程でこれらの担当者が処理をすることもあります。更に、刷版行程に行く前には大きな印刷機で印刷物を刷っていきますので小さい名刺、ポストカードまたチラシといった物はご覧のような複数の印刷物データを1つの紙に纏めて配置して判子のための印刷設定の用意をしていきます。ご覧のように、面付けとよばれるのですが複数のデータを並べたデータ作りといったものを行う場合もあります。一般に専門の面付けソフトやシステムがあるですがIllustrator を使った手動での操作の場合もあります。そのような場合には、変形の繰り返し機能やシンブル機能等も活用されています。このように、プリフライトと呼ばれるデータチェックではプリントと構成のパネル群を活用しまた、製版処理においては分版プレビューで色の確認をした上で必要に応じてオーバープリントブラックトラップと言った Illustrator の機能や面付けの際には、手動の時には変形の繰り返しやシンボルまた、判子を出すという刷版行程では台紙の設計において、専門のシステムを使う場合もあれば場合によっては、Illustrator 上でのシミュレーションをするようなこともあり印刷会社側でも Illustrator が活用されています。 そして、版が出力された後は、印刷工場で印刷が行われ後加工の行程へと送られていきます。このレッスンでは、印刷行程で利用されるIllustrator の機能について解説しました。

商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

Illustratorは印刷物の制作に適した機能を豊富に備えています。このコースでは印刷物データの新規作成や紙面設計、配置画像の扱いや印刷インキの指定方法といった知識から、入稿用パッケージや印刷用PDFの作成方法、入稿前のデータチェックの手順まで学ぶことができます。印刷トラブルを回避するためのデータ制作テクニックも豊富に解説します。

7時間32分 (95 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
価格: 2,990
発売日:2016年10月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。