商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

印刷トラブル回避のために

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
印刷会社にデータ入稿後の主なトラブルについて解説します。
講師:
01:31

字幕

このレッスンでは、印刷会社にデータを入稿した後の主なデータトラブルについて解説します。印刷データ制作ではIllustrator が広く活用されていますが入稿データの作り方によっては印刷トラブルもあります。主なトラブルとして、入稿時に必要なファイルが足りない、といったものや仕上がりいっぱいの絵柄や塗りが必要なのに塗り足しがないといったデータの不足の他、制作過程で予備として残したオブジェクトの残骸が残っていたり不要なポイントが残っているなどのデータ、一方で仕上がりサイズや用紙の規格を間違えてサイズが違っていたり配色過程で仮に指定した特色インキの色指定が残っていたり配置した写真素材の品質が印刷品質に足りなかったりまた出力したら文字化けや線がかすれるなどの印刷で発見されるトラブルといったものもあります。これらを未然に防ぐために印刷工程ではデータチェックを行ってから後工程へと進めています。このコースでは、更に前段階のデザイン制作時に印刷トラブルを未然に防いで効率的にデータ制作する手法についてご紹介していきます。このレッスンでは、印刷物データのトラブルについて解説しました。

商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

Illustratorは印刷物の制作に適した機能を豊富に備えています。このコースでは印刷物データの新規作成や紙面設計、配置画像の扱いや印刷インキの指定方法といった知識から、入稿用パッケージや印刷用PDFの作成方法、入稿前のデータチェックの手順まで学ぶことができます。印刷トラブルを回避するためのデータ制作テクニックも豊富に解説します。

7時間32分 (95 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
価格: 2,990
発売日:2016年10月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。