商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

新規アートボードの作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
新規にデータを制作する場合の操作と便利な機能について解説します。
講師:
05:18

字幕

このレッスンでは、ポスターデータの新規アートボードの設定方法についてご説明します。今回サンプルとして作っていくものはご覧のような B3 判の仕上がりサイズで3つのアートボードで連携したようなファイルを作っていきます。また印刷物データを作る時には仕上がりサイズのアートボードを用意してPDF 書き出し、プリント時にトンボを付加する場合ともう1つアートボード内にトンボ、トリムマークを用意する方法があります。今回はアートボード内にトリムマークを用意する方法で作ってみたいと思います。それでは「ファイル」メニュー>「新規」を選びます。「プロファイル」は「プリント」を選び予めアートボードの用意する数が決まっている場合にはアートボードの数で指定します。そのアートボードをどの方向に並べるか、またそれぞれの間隔などが指定できるようになっています。用紙のサイズについてポップアップにないサイズの場合、直接幅や高さを入力します。今回は 515mm×364mm の仕上がりサイズとなりますが、アートボード内にトンボを入れる際には、更に、このそれぞれに 30mm 程度30mm 程度+アルファしておくと良いでしょう。Illustrator が作るトンボ、トリムマークと言いますがこれは天地左右各々が 12.7mm 程度の幅や高さを持っておりますのでこの様な設定をしておきます。 また数値入力の欄には四則演算ができるようになっており+-の他、掛け算の場合にはアスタリスクマーク、割り算の場合にはスラッシュという記号を使って数値入力すると自動計算してくれます。「裁ち落とし」については今回はアートボード内に用意しますので「0」という指定にします。「プロファイル」で「プリント」を選ぶことによって「カラーモード」は自動的に「CMYK」となり、色指定も CMYK で行うことができます。それでは OK ボタンをクリックします。そうしますと、ご覧のようなアートボード3つが用意されました。毎回、毎回、用意サイズに応じて新規のドキュメントを作っていくのも面倒です。そうした時のためにテンプレートデータというのを用意し用紙サイズの設定の手間を省くこともできます。今回、アセッツフォルダの中の01_poster_B3 という雛型データとしてのテンプレートファイルがあります。それを確認してみましょう。「ファイル」メニュー>「開く」そして Poster のフォルダの中にあります、01_poster_B3.aitというファイルアイコンを見てみましょう。通常の Illustrator ファイルに比べますとアイコン右下が紙がめくれたようになっています。 テンプレートデータというのはIllustrator ではait という拡張子が付きご覧の様なアイコンで保存されます。それでは、このファイルを選んで開いてみましょう。ファイル名が付いていたわけなんですがテンプレートデータを開いたり、また新規でテンプレートを基にするというファイルの出し方をしますとファイル名のタブの所が名称未設定という形になります。丁度便箋の中の1枚1枚を引っ張り出してるようなイメージです。更に、このアートボードにつきましてはこの数値を直接入力することなく最初から用紙が用意されてる状態となります。サンプルでは仕上がりサイズのみのアートボードでガイドラインが用意されてるものとまた今回の想定しているトンボを含んだアートボードというのが用意されています。毎回「ファイル」メニュー>「新規」で指定することなく、こうした雛型となるデータを用意しておけば、いつものお仕事の際にこれらのファイルを用意することですぐに制作に取り掛かることができます。効率化のために是非テンプレートというデータも使っていただくと良いでしょう。尚、テンプレートファイルの保存につきましては「ファイル」メニュー>「別名で保存」としますと、ポップアップの中でIllustrator Template というのが選択できるようになっていますのでこれによって ait という拡張子の付いた雛型データが用意できます。 よく使う用紙サイズはポップアップからではなくテンプレートを用意して活用して頂くと良いでしょう。このレッスンではポスターデータの新規アートボードの制作方法についてご説明しました。

商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

Illustratorは印刷物の制作に適した機能を豊富に備えています。このコースでは印刷物データの新規作成や紙面設計、配置画像の扱いや印刷インキの指定方法といった知識から、入稿用パッケージや印刷用PDFの作成方法、入稿前のデータチェックの手順まで学ぶことができます。印刷トラブルを回避するためのデータ制作テクニックも豊富に解説します。

7時間32分 (95 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
価格: 2,990
発売日:2016年10月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。