商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

ガイドライン

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
紙面設計上のガイドライン設定方法と活用方法について解説します。
講師:
06:06

字幕

このレッスンでは、ポスター用のガイドラインの設定方法について説明します。まず、トンボを作った後、基となる長方形は塗が白、線が無しなので、画面上見えないようになっていますがクリックして選択すると中央にちゃんと残っているのがわかります。この長方形を基にしてガイドラインを作っていきましょう。作る際には、この様に画面表示上見えていない場合には表示メニューアウトラインというアウトライン表示で作業を進めると良いでしょう。この長方形を基に塗り足し用の3mm外側の長方形また、マージン側の用に、内側が10mm も地区は 20mm 程度のマージン用のガイドを作ってい見たいと思います。操作手順としては、長方形を選択ツールで選びオブジェクトメニュー、パスのオフセットという命令を出します。塗りだしをイメージしたものはこの仕上がりサイズの長方形から外側に対して3mmの位置に広がったものを用意します。この場合、3mmの指定のプレビューをチェックすることでどこに出来上がるかを確認しOK のボタンで仕上がりから外側3mmに広がった長方形を用意します。更に、基の仕上がりサイズの長方形を選び直しこの場合、アウトライン表示では輪郭線、このパスの上をクリックして選択すると良いでしょう。 そして、これを基に同じパスのオフセット機能を使いまして今度はマージン用の幅を指定します。今回は10mm程度を想定し更に内側へと四角形を用意したいので−10という指定をします。プレビューチェックで確認をしOKボタンをクリックします。この様にして、仕上がりサイズマージン用の内側10mmの位置更に塗り足しの外側3mmの位置への長方形が3つ用意されました。これらについては、まとめてアウトライン表示では外側から引っ掛けるように選んで頂いてその上で、これをガイドラインに変えていきます。ガイドラインにする際には、表示メニュープレビューに戻しておくと良いでしょう。3つの長方形が選ばれていることを確認したら表示メニュー>「ガイドを作成」という命令を出します。そして、選択を解除して頂きますとご覧のようにガイドのラインデフォルトでは環境設定でこのようにシアンのカラーの指定になっていますがこの様にガイドラインが出来上がりました。現在これらは表示メニュー>「ガイド」をクリックしますと「ガイドをロック」という表記になっていますのでロックされていない状態選んでドラッグするとうっかり動いてしまう状態なのですが今回3つのアートボードがありますのでそれぞれ、同じ位置にこれらをコピーしてみたいと思います。 そのため、あえて、ロックを外した状態で作業を進めてみます。ここでは、全てを選択しトンボまで選んでみましょう。選択メニュー>「全てを選択」選択後、他のアートボードへのこれらを複製、コピーしておきたいのですが切り替えにおいては、アートボードのパネルを使って頂くといいでしょう。まず、基となるデータを選択後、コピーそして、アートボードパネルで2つ目のアートボードの画面へとアートボードの番号の所をダブルクリックして切り替えます。編集メニュー>「同じ位置にペースト」をとしますとアートボードの全く同じ位置にこれらがペーストされます。同様にして、3つ目のアートボードについても同じ位置にペーストしていきます。このペーストを終えてからガイドをロックしておくと良いでしょう。表示メニュー>「ガイド」>「ガイドロック」としておくことによってうっかり動かしてしまうという操作上のミスを防ぐことができます。なお、ガイドラインの作成方法については現在、上側、左側に表示されているような定規を基に作っていただくこともできます。定規は最初の状態では表示されていないのですが表示メニュー>「定規」>「定規を表示」で画面に表示してくることができます。 ここで、定規を表示した状態でアートボード上の左上を確認してみましょう。まず、このアートボード3の左上の定規を見てみますと残念ながら、0という、目盛りにはなっていません。定規を基にガイドラインを引き出したいという場合にはこの定規のところの左上アートボード上の左を0にリセットしておいて頂くといいでしょう。アートボード単位に定規を使いたい場合には表示メニュー>「定規」>「アートボード定規に変更」としていただきますと3つ目のアートボード左上、現在1100 などという数字が付いていますけれども切り替えることによって、0という数字へと変わります。定規からのガイドラインを引っ張りだしたい時にはこの左側や、上側の定規の中にマウスポインタをすえてグーッとドラッグして、引っ張りだすことによって定規ガイドが作れます。上側の目盛りなどにつきましてはアートボード単位に設定をしておきこれを目安に何mmの位置にガイドを引くというふうにして頂くといいでしょう。この他、ガイドラインについてはオブジェクト、パス、そして、今のような定規で作っていただくことができますので揃えたい、または、目安となる線を用意しておきたいという場合には是非活用してみてください。 印刷されない線、オブジェクトをピタッと整列させるというような時に活用して頂くと良い機能です。このレッスンでは、ガイドラインの設定方法についてご説明しました。

商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

Illustratorは印刷物の制作に適した機能を豊富に備えています。このコースでは印刷物データの新規作成や紙面設計、配置画像の扱いや印刷インキの指定方法といった知識から、入稿用パッケージや印刷用PDFの作成方法、入稿前のデータチェックの手順まで学ぶことができます。印刷トラブルを回避するためのデータ制作テクニックも豊富に解説します。

7時間32分 (95 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
価格: 2,990
発売日:2016年10月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。