商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

画像の配置とマスク

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
写真素材を配置後、マスクする方法について解説します。
講師:
04:27

字幕

このレッスンでは Illustrator 上に写真を配置し正確にマスクする方法について解説します。まずアートボード1の写真レイヤーに対して写真を配置していきます。レイヤーパネルで「写真」レイヤーを選択し「ファイル」メニュー>「配置」ポスター用の写真素材Links フォルダの中にありますphoto_panda_150ppiCMYKというファイルを選択して配置します。配置位置はトンボの左上辺りで1回クリックしてみて頂くと良いでしょう。その後、この写真素材は指定サイズにマスク、表示させたくない所を隠す指定のことをマスクというわけですけどこの時配置直後、画面上コントロールパネルにマスクボタンが表示されますのでこのボタンをクリックします。更に正確に配置したという時には画面左上、仕上がりサイズの位置を物差し、定規の 0,0 の基点へと変更します。左上を拡大表示しこの仕上がり線の所を物差しの 0 に変えてみます。変える時には選択ツールなどに切り替え定規が交差した位置からドラッグし仕上がりサイズのコーナーの位置までドラッグ後手を放して頂くと良いでしょう。上の物差し、左側の物差し、それぞれが0の基点が仕上がりサイズに合っていることを確認します。 更に全体表示に切り替え、そしてこの時レイヤーパネルを活用して写真の位置や、またマスク枠の調節をしていきます。レイヤーパネルをご覧いただきますと写真レイヤーにはクリッピングと呼ばれるレイヤーが出来上がり上側に四角形が、その下に写真素材が用意されているのがわかります。上側の四角形が見せる位置を調節する枠です。そこでこのクリッピング用の枠を右側の丸い部分、クリックすることでそれだけを選択することができます。この状態で「変形」というコントロールパネルを選んで頂いて左上を起点に X は塗り足し迄ですので -3Y についても -3更に右側については515mm という仕上がりに対して左右 3mm ずつの 6mm を足し算した 521mm高さにつきましても 364mm に上下の 3mm ずつの塗り足しを想定し6mm を足しておきます。こうしますとクリッピングマスクと呼ばれる四角い枠、見せるエリアを指定する所だけに対して正確な座標の指定とサイズの指定が行えます。また写真素材自体の位置を動かしたい時にはこの photo のレイヤー上の右側丸いマークをクリックしまして写真のエリアが表示されてるのを確認してからマウスでドラッグして位置の微調整というのを行っていただくと良いでしょう。 マスク直後には比較的、選択ツールでサイズ調整や位置調整しやすいんですけど選択が解除された後はこの様に各々を正確に選び、きっちりとしたサイズ、位置へと調節することが意外に難しいものです。そこでレイヤーパネルを活用しレイヤーの右側の所の丸いボタンをクリックすることで対象となるものを限定し正確に配置して頂くと良いでしょう。このレッスンではレイヤーパネルを活用し写真素材の配置、またマスクという機能について解説しました。

商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

Illustratorは印刷物の制作に適した機能を豊富に備えています。このコースでは印刷物データの新規作成や紙面設計、配置画像の扱いや印刷インキの指定方法といった知識から、入稿用パッケージや印刷用PDFの作成方法、入稿前のデータチェックの手順まで学ぶことができます。印刷トラブルを回避するためのデータ制作テクニックも豊富に解説します。

7時間32分 (95 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
価格: 2,990
発売日:2016年10月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。