商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

PDF書き出しプリセットの管理

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
PDF書き出しプリセットについて解説します。
講師:
03:03

字幕

このレッスンでは Illustrator から書き出した PDF ファイルの確認、及び Illustrator から書き出す際の設定、PDF 設定の管理方法について解説します。まず書き出した 01_poster.pdf というファイルを開いてみましょう。開いてみますと、画面上側の所に 1/3 という表示がでています。これは3ページの内の1ページ目が表示されていますという意味なんですけれどIllustrator 上では3つのアートボードであったものは PDF 書き出ししますとご覧のようにページという概念になるのがわかりました。めくって内容を確認しておくと良いでしょう。更に、ここでは Illustrator からのPDF 書き出し設定の管理方法についても確認しておきましょう。Illustrator で書き出す際にPDF 設定としては予め用意されてるものは幾つかありましたが今回は印刷入稿用という設定を新たに作ったわけなんですけれどその印刷入稿用という設定を他の方と共有したいという場合や微修正かけたいという様な場合それを行うための命令が用意されています。「ファイル」メニューで保存する際には使ったわけですけれどもPDF 設定を管理したい時には「編集」メニューの「Adobe PDF プリセット」という命令を選びます。 ここには予め用意されている設定のほか、新たに追加した「印刷入稿用」という名前も表示されています。このリストの中で選択後再編集したい時には鉛筆のマークのアイコンをこれを削除したい時にはゴミ箱のアイコンをまた他の方と共有して、同じ設定で常に PDF を書き出したいという場合には「書き出し」というボタンをクリックしましてその設定をサーバー等で共有して頂くと良いでしょう。また、印刷会社、取引先などからこの設定で PDF を書き出して下さいというPDF プリセットを頂くことがあります。この様な場合には、この画面から読み込みとして取り込んでいただきますといつも Illustrator から書き出す際にはその読み込んだ設定がリストアップされるようになります。尚、この Illustrator で設定し保存した PDF 設定というのはAdobe 製品、他に Photoshop やInDesign 等もありますがこれらで共有して使うことができるようになっています。一度設定を保存しておいて頂きますと他のソフトとも共有できるというわけです。このレッスンでは、書き出した PDF ファイルの確認、及び Illustrator 上での PDF 設定の管理方法について解説しました。

商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

Illustratorは印刷物の制作に適した機能を豊富に備えています。このコースでは印刷物データの新規作成や紙面設計、配置画像の扱いや印刷インキの指定方法といった知識から、入稿用パッケージや印刷用PDFの作成方法、入稿前のデータチェックの手順まで学ぶことができます。印刷トラブルを回避するためのデータ制作テクニックも豊富に解説します。

7時間32分 (95 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
価格: 2,990
発売日:2016年10月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。