商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

ビジネスセットデータの特徴

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ビジネスセットの特徴と、Illustrator上での制作の流れについて解説します。
講師:
01:25

字幕

このレッスンではビジネスセットデータの特徴について解説します。ビジネスセットというのは一つの企業から事務用の印刷物一式を発注するような場合にロゴ、ビジネス・コーポレートカラーなどを統一して、デザインも統一した形で発注が出てくることが多くあります。いわゆる、「CI デザイン」と呼ばれる種類のものになるんですけれども「コーポレートアイデンティティ」の略ですね。そして、こうしたデータの作り方においてはそれぞれルールがいくつか存在しています。さらには、名刺の場合印刷機の大きさに合わせた用紙の中でそれぞれが印刷されるようになるため「面付け」と呼ばれる複数の名刺データを一つの紙面に配置するという処理が行われます。ロゴデータの場合には色の配色におきましても特色が使われていることもあり特色データの扱い、また、名刺や地名といったものの中には難しい漢字、「異体字」と呼ばれるものも含まれます。このレッスンではビジネスセットデータの特徴について解説しました。

商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

Illustratorは印刷物の制作に適した機能を豊富に備えています。このコースでは印刷物データの新規作成や紙面設計、配置画像の扱いや印刷インキの指定方法といった知識から、入稿用パッケージや印刷用PDFの作成方法、入稿前のデータチェックの手順まで学ぶことができます。印刷トラブルを回避するためのデータ制作テクニックも豊富に解説します。

7時間32分 (95 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
価格: 2,990
発売日:2016年10月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。