Excel 2013 データ分析のための基礎ツール

ピボットテーブルとは何か

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ピボットテーブルは、複雑な分析をする上級者向けの機能ではありません。ちょっとした集計にも役立つ基本機能です。
講師:
02:31

字幕

このレッスンではピボットテーブルについて解説します。まずピボットテーブルとは何かをご紹介しましょう。このように入力された表を多角的に分析できるのがピボットテーブルです。例えばこの表ではA 列から順に番号、日付、名前、商品地域、金額と入力されています。ではここで、例えば鈴木さんが千葉で販売したB 商品の合計はいくつか、これをワークシート関数だけで計算するのは骨が折れる作業です。そんな時に便利なのがピボットテーブルです。こちらが作成したピボットテーブルの例です。なおピボットテーブルの作成や設定、変更などに関しては後のレッスンで詳しく解説します。今はあまりこだわらないで下さい。このピボットテーブルでは行方向にまず名前名前の下に地域をレイアウトしてみます。また列方向には商品をレイアウトしました。このような集計をクロス集計と呼びます。しかしピボットテーブルはクロス集計専用の機能ではありません。アイディア次第で様々な用途に使える便利機能です。ピボットテーブルの特徴の一つは、こうしたレイアウトをマウス操作だけで簡単に変更できる点です。例えば今名前の下にレイアウトしている地域これをドラッグすることで商品の下にレイアウトすることができます。 あるいは商品を名前の上にレイアウトA 商品の、名前になっています。これを商品と名前を入れ替える、こうした操作がマウスだけで簡単に行なえます。ピボットテーブルはExcel の中でもとてもパワフルな機能の一つです。難しく考えず、どんどん活用して下さい。このレッスンではピボットテーブルについて解説しました。

Excel 2013 データ分析のための基礎ツール

Excelにはオートフィルタやピボットテーブルなどデータを分析するための機能が豊富に用意されています。しかし多くの方はこれらの機能を十分に活用できていないのではないでしょうか。このコースでは「データとはなにか」という基本的な概念から、基本機能である並び替えやオートフィルター、ピボットテーブルなどまで順番に解説していきます。

1時間51分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年01月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。