商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

プリフライト(分版プレビュー)

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
特色を使用したデータのプリフライトについて解説します。
講師:
02:37

字幕

このレッスンではビジネスセットデータのデータチェック方法について解説します。まずワークスペースは「プリントと校正」にしておきます。更に「レイヤー」のパネルで全体の構造を確認し「スウォッチ」パネルはスウォッチを整理しておくということで未使用項目を選択後不要なスウォッチを消しておいて頂くと良いでしょう。更に「分版レビュー」に切り替え「オーバープリントプレビュー」でDIC の特色が使われている箇所、ロゴと会社名の部分また金赤が使われている郵便番号枠、マゼンタ、イエローそして墨文字の部分の設定状態を確認します。すると名刺の中のモバイルのマークが残っていることがわかります。名刺部分を全体表示し確認をしてみましょう。ブラックを非表示にしますと携帯電話の番号を表すマークのみ残ってしまっています。この部分をクリックしてカラーパネルを確認します。するとご覧のようにCMYK 4色に分解されているブラック見た目ではわかりませんがこうした箇所につきましても分版プレビューが役立ちます。こちらはブラック 100%に切り替えておきます。改めてすべてのアートボードを表示し「分版プレビュー」でブラックの版の非表示に切り替えてみます。 これによって不備のあったデータをチェックし修正するという所ができました。これは「スウォッチ」パネルに登録していないカラーであった場合には残念ながら「スウォッチ」パネルだけでは判断できかねます。分版プレビューで最終チェックするということを忘れずに行ってみましょう。このレッスンではビジネスセットデータのデータチェック方法について解説しました。

商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

Illustratorは印刷物の制作に適した機能を豊富に備えています。このコースでは印刷物データの新規作成や紙面設計、配置画像の扱いや印刷インキの指定方法といった知識から、入稿用パッケージや印刷用PDFの作成方法、入稿前のデータチェックの手順まで学ぶことができます。印刷トラブルを回避するためのデータ制作テクニックも豊富に解説します。

7時間32分 (95 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
価格: 2,990
発売日:2016年10月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。