商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

新規

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ポストカードデータの新規作成方法について解説します。
講師:
05:58

字幕

このレッスンでは DM データの新規作成方法について解説します。仕上がりイメージとしては03_DM.ai というファイルをご覧頂く良いでしょう。この様にアートボードを2つ表面、裏面でデータを用意していきます。仕上がりサイズはポストカードサイズの幅 100mm、高さ 148mm のデータを制作します。またマージンガイドとして天地左右 5mm の内側にガイドを用意します。更に広告エリアを表すガイドラインとしまして表面には上から 74mm148mm の丁度半分の位置に横のガイドラインを用意しておきます。この他、表面の下側には広告が上側には郵便のマークが裏面には背面に写真を配置し上側の方が少し透明になるようにして「暑中お見舞い申し上げます」というメッセージが見やすくなる様にしておきます。この他、墨文字でのメッセージが配置されています。この様なデータの作り方について解説していきましょう。それではまず新規作成の方法からご紹介します。「ファイル」メニュー>「新規」を選択しプロファイルは「プリント」アートボードの数は「2」アートボード間の間隔につきましては適宜設定しておくと良いでしょう。今回は 10mm という設定にします。 仕上がりサイズにつきましてはポップアップにないサイズとなりますので直接、幅、高さを入力します。幅 100mm、高さ 148mm とし裁ち落としにつきましては天地左右とも 3mm としておきます。それでは OK ボタンをクリックします。用意されたアートボードにつきましては「アートボード」パネルでそれぞれ名前を付けておくと良いでしょう。「アートボード1」につきましては表面としておきます。「アートボード2」につきましては裏面としておきます。更に「レイヤー」パネルにつきましても分類して整理しておきたいと思います。「レイヤー1」につきましてはガイドラインをまず用意していきたいと思います。ガイドラインにつきましては長方形ツールを利用しマージンガイドを用意してみます。まずアートボード内で長方形ツールでクリック後、仕上がりサイズである幅 100mm から左右 5mm ずつということで-10mm という幅の指定をします。同様に高さ方向につきましても仕上がりサイズ、高さの 148mm から天地 5mm ずつのマージンガイドを用意するということで-10mm という指定をしOK ボタンをクリックします。出来上がったマージンガイド用の長方形につきましては選択ツールに切り替え「整列」パネルを使いまして「アートボードに整列」という基準で水平方向、垂直方向の中央に配置します。 これと同じオブジェクトは裏面にも配置したいと思いますので選択ツールで選択後、「編集」メニュー>「コピー」続いて「アートボード」パネルで裏面へ切り替え「編集」メニュー>「同じ位置にペースト」とします。更に表面には広告エリアを表すガイドを引きたいと思いますので直線ツールを利用し裁ち落としの赤い線から裁ち落とし、もう1方の裁ち落としの線までをドラッグして直線を引きます。この直線につきましては選択ツールに切り替え「変形」パネルを利用し X -3、Y につきましては 148mm ÷ 2 という指定を行います。幅につきましては裁ち落としの 3mm ずつを指定して106mm としておきます。尚、この様なガイドライン用のデータにつきましてはすべて線はなしにしておいてガイドラインとすると良いでしょう。そのため、今引いた長方形2つ及び直線について選択をし線をなしとしたうえでガイドラインに変換します。「レイヤー」パネルのガイドレイヤーのターゲットマークをクリックしこのレイヤー上にあるものをすべて選択します。続いて、線の指定をなし場合によっては塗りもなしもしくは白という指定でいいかと思います。「表示」メニューから「ガイド」>「ガイドを作成」としておきます。 ガイドラインに変換できましたら「表示」メニュー>「ガイド」でロックがかかっていることを確かめておきます。「ガイドをロック解除」という表記がでていたらロックされているという意味となります。この様に新規作成でDM サイズのものを用意する場合ベースとなるものは、仕上がりサイズガイドラインとなります。この他、郵便のマークにつきましては個別に用意したものを配置していくという方法で位置を整えていくと良いでしょう。このレッスンでは DM データの新規作成方法について解説しました。

商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

Illustratorは印刷物の制作に適した機能を豊富に備えています。このコースでは印刷物データの新規作成や紙面設計、配置画像の扱いや印刷インキの指定方法といった知識から、入稿用パッケージや印刷用PDFの作成方法、入稿前のデータチェックの手順まで学ぶことができます。印刷トラブルを回避するためのデータ制作テクニックも豊富に解説します。

7時間32分 (95 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
価格: 2,990
発売日:2016年10月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。