Excel 2013 データ分析のための基礎ツール

元データに関する注意点

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ピボットテーブルを活用するポイントは、いかにクリーンな元データを作るかです。元データの作り方を紹介します。
講師:
02:05

字幕

このレッスンではピボットテーブルの元データについて解説します。ピボットテーブルはワークシートに入力したデータを様々な視点で多角的に集計、分析できる便利な機能です。ピボットテーブルは決して上級者だけが使える難しい機能ではありません。しかしピボットテーブルに関してはよく分からないとか上手くできないなどの疑問や質問が多いのも事実です。ピボットテーブルをうまく活用できない原因の大半は、元データの不備にあります。例えば日付が入力されるべき列に日付ではない文字が入力されていたり、あるいは空欄になっていたりどこかのセルが一部結合されていたり、金額が入力される列に単位などの文字が入力されていたり、そういったような元データからはピボットテーブルを活用することは難しいです。ピボットテーブルを活用するにはいかにクリーンな元データを作るか、これが鍵になります。整合性の取れた、きれいな元データが作れればそれでピボットテーブルによるデータ分析の半分は終わったと言っても過言ではないでしょう。整合性のとれたデータを作るには例えば Excel の入力規則を使ったり、マクロやワークシート関数などを使ってイレギュラーなデータが含まれていないかなどのチェックも必要になります。 ピボットテーブルを活用するには、きれいなデータをまず用意するという認識をしっかり持って下さい。このレッスンではピボットテーブルの元データについて解説しました。

Excel 2013 データ分析のための基礎ツール

Excelにはオートフィルタやピボットテーブルなどデータを分析するための機能が豊富に用意されています。しかし多くの方はこれらの機能を十分に活用できていないのではないでしょうか。このコースでは「データとはなにか」という基本的な概念から、基本機能である並び替えやオートフィルター、ピボットテーブルなどまで順番に解説していきます。

1時間51分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年01月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。