商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

レーベル印刷概説

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
印刷可能範囲や印刷に必要なロゴについて解説します。
講師:
05:28

字幕

このレッスンではレーベル面の制作としてCD や DVD レーベルを Illustrator で作る場合の制作方法、またその知識について解説します。まず知識としてはレーベル面のサイズというのを知っておいていただくと良いでしょう。CD や DVD のレーベルのサイズというのは決まったサイズとなっております。直径 120mm のサイズが一般的だと思うんですけれどもこのうちレーベル面としての商業印刷物の印刷可能な領域は図のピンク色の領域と考えていただくといいでしょう。116mm のドーナツ状のエリアです。さらに中心の穴があいた周り図で言うとグレーの領域につきましては印刷方式やまた印刷可能なエリアか否かについて規定で決まったものがありますので予めデザインデータを作るときにはこうした印刷可能なエリアが23mm よりも外側なのか46mm よりも外側なのかというのを確認しておいていただくといいでしょう。また音楽 CD の場合には日本レコード協会で規定が設けられておりましてご覧のような一覧表も日本レコード協会のウェブサイトで公表しています。この中にスクリーン印刷という方式とオフセット印刷という方式が出ておりますけれどもスクリーン印刷というのは印刷のはんこにあたる版がスクリーンメッシュでできているものです。 またオフセット印刷という場合にはアルミニウムベースの板状のものをはんことして使っています。その際に全面にスクリーン印刷をする際には一番内側のグレーの領域からピンクの領域までを印刷データとしてデザインしていただくことが可能です。またオフセット印刷の場合にも全面を印刷するといった場合にはやはり内側の 23mm 以上のエリアを使っていただくことが可能です。そしてオフセット印刷の場合には下地の銀の盤面を打ち出さないように白のベタ版というのがここには出ておりますけれども白版と呼ばれるものをデータとして作る場合もあります。一般にスクリーン印刷とした場合には特色2色刷りのベタの印刷、ベタと印刷業界で言った場合には色の指定における 100% と考えていただくといいでしょう。スクリーン印刷は特色のベタの印刷の際にまた一方でオフセット印刷の場合にはCMYK のカラーの写真やまたグラデーションなど滑らかな色の変化を鮮やかに出したい時などはオフセット印刷を使っていただくとよいでしょう。この他にもレーベル印刷の注意事項といたしまして音楽 CD また映像の DVD といった場合決まったロゴマークを印刷するといったことも求められます。 これらのロゴマークにつきましてはクライアントなどから予め支給しておいていただくといいでしょう。この他にも 116mm 以内の円形の中への印刷となりますので文字のサイズなどは小さくなってしまうんですがこのサイズにつきましてもゴシック系で 9 級またはポイントですと 6.4pt 以上といったサイズを確保してほしいということが言われています。さらに線の幅につきましてもあまりにも細いとかすれてしまったり印刷できなかったりしますので0.2mm 以上は確保してほしいというようなルール的なものがありますので商用のレーベル名の印刷データを作るような際にはこれらについても注意が必要となります。そしてオフセット印刷の際の白版がある場合また白版がない場合によって仕上がりが異なるんですけれども元々 CD や DVD の盤面というのはシルバーのような盤面になっているかと思います。そこに直接オフセット印刷をするような場合につきましてはデータの印刷面の部分がダイレクトに印刷されるとシルバーの盤面が浮き上がったような表現になりますし、一方で白版というのを下地に引いていただきますとデータの印刷面といった所を鮮やかに再現することが可能となっています。 このように紙の印刷物の制作と異なりCD のレーベルといった場合には白版のことをまたサイズなどのことを知っておいていただくとよいでしょう。なおこのデータを作る際のサイズとなるひな形データというのが印刷会社やクライアントから支給される場合がありますので予め打ち合わせの際などにひな形データもしくはテンプレートデータがある場合は支給していただくといいかと思います。このレッスンでは CD/DVD データを作る際の知識としまして白版、またスクリーン印刷そしてサイズや印刷すべきデータについて解説しました。

商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

Illustratorは印刷物の制作に適した機能を豊富に備えています。このコースでは印刷物データの新規作成や紙面設計、配置画像の扱いや印刷インキの指定方法といった知識から、入稿用パッケージや印刷用PDFの作成方法、入稿前のデータチェックの手順まで学ぶことができます。印刷トラブルを回避するためのデータ制作テクニックも豊富に解説します。

7時間32分 (95 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
価格: 2,990
発売日:2016年10月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。