商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

レーベル面のパス上文字入力

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レーベル面上のパス上の文字入力について解説します。
講師:
05:54

字幕

このレッスンではレーベル面上の円形のパス上の文字入力について解説します。まず円形のパス上に文字を配置するには円を描画し、そこに文字をコピー&ペーストで入れていきます。ツールパネルの楕円ツールを選びます。この時、塗りではなく線の方にDIC 311 という色が入っているという設定にしておくと後で、どこに描画されたかが分かりやすいかと思います。続いて、中心を基準に描画しますので中心のトンボの所にマウスポインタを合わせてWindows の方は Alt キーMacintosh の方は Option キーを押したままクリックし仕上がり印刷面としての 116mm の直径に対して約 10mm 内側に円を描画します。幅 106mm 高さ 106mm としましてOK としておきます。ここで文字をペーストするという処理を行います。予め素材フォルダの中にテキストデータがありますのでテキストデータを開いてみましょう。04_text.txt というファイルを開きますとタイトル用の文字と円形上の文字が出てまいります。この内の円形上の文字を選択してコピーします。そして Illustrator 側に対してペーストするんですがこの時、パス上にペーストしますので文字ツールの所でマウスボタンを押したままパス上文字ツールを選びパスの上でクリックをします。 すると、パスに対して線の色とされていたものが消えカーソルが点滅しデフォルトの初期の設定での文字の柄、黒の塗りが選ばれているのが分かります。それではここでペーストをします。「編集」メニュー>「ペースト」すると、円形上に文字が入ったわけですがこの文字がちょっと大きいということをあふれマークというんですけれどもあふれているよというプラスマークが表示されているのが分かります。改めて、選択ツールに切り替えましてこの文字については画面上コントロールパネル「文字」を選びゴシック系のフォント文字のサイズについては7pt とします。一行で収まるようになりますので行送りについてはそのまま自動で結構です。では、続いてこの文字の位置について調節を行います。画面表示を拡大表示にしていただきますとよく分かるんですが文字の所の最初の部分ではご覧のように、2本のカーソルのような縦の線が見えます。この線の部分を、選択ツールを使って動かすことができます。この始まりの所の側にあるものは文字の始まり位置を調節できるものです。それに伴って、行末文字の末尾も調節されていますので改めまして「表示」メニューからアートボードを全体表示にして確認してみていただくといいでしょう。 ここでマウスポインタの形を確認しつつ微調整をしていただいてもいいですしもう少し画面の表示を拡大しつつ調節していただいてもいいかと思います。この縦の線の所にマウスポインタを合わせたときにはポインタの形が縦棒右向き矢印がついたようなポインタとなります。そうしたら、ドラッグをしていただきますとパス上で文字が動いていき行末の所もそれに合わせて動いていくのが分かります。この線にマウスポインタを合わせるというのがコツですのでうっかりとそれ以外の所をクリックしないように注意していただくといいかと思います。ここでドラッグしてバランスとして丁度いいバランスになりましたら手を放しておきます。さらにこのパス上の文字につきましてはこのように選択された状態で「書式」メニュー>「パス上文字オプション」という所からさらに「パス上文字オプション...」を選んでいただきますとどのように文字を寝かせるかというような効果の付け方を変えることができます。今は「虹」という状態で、円形がそのまま文字が外に向いているようなイメージなんですが「歪み」としてプレビューをチェックしますと文字が横に寝たような円形の向きに合わせて歪んでいる様子が分かるかと思います。 「3D リボン」とするとまたこれも違ったような表現に、「階段状」にしたり「引力」というふうにすることもできます。また、これらは反転とすることで円の内側に文字を並べることもできます。そして、円のためのパスからどの位離すかにつきましてもパス上の位置という所で調節ができます。今回は「虹」「オープンベースライン」という最初の設定のままで進めていきますけれども必要に応じて調節していただくことができます。それでは OK ボタンをクリックします。さらに、文字の色ですがブラックになっているものは特色に変えます。特色は DIC の 311 という色になりますので予めカラーパッチで登録してありますからDIC 311 というのをここで文字の色として指定しておきましょう。このレッスンでは CD レーベル面の円形上のパスに沿う文字入力について解説しました。

商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

Illustratorは印刷物の制作に適した機能を豊富に備えています。このコースでは印刷物データの新規作成や紙面設計、配置画像の扱いや印刷インキの指定方法といった知識から、入稿用パッケージや印刷用PDFの作成方法、入稿前のデータチェックの手順まで学ぶことができます。印刷トラブルを回避するためのデータ制作テクニックも豊富に解説します。

7時間32分 (95 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
価格: 2,990
発売日:2016年10月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。