商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

ダブルトーン画像を使ったレーベル面の制作

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ダブルトーン画像を使用する際のPhotoshopデータのつくり方について解説します。
講師:
03:52

字幕

このレッスンでは、特色を使った「ダブルトーン画像」を使用する際のフォトショップデータの作り方について解説します。ご覧いただいている様なレーベル面で1色のインキを使って写真の印刷をしたいというような場合、もしくは2色の特色を使って写真の印刷をしたいという時にはフォトショップで「ダブルトーン」という指定を行います。支給されたデータのカラーの CMYK もしくは RGB の画像だった場合の「ダブルトーン画像」の作り方についてここでは解説していきます。まず、素材データのフォルダの中にあります、「autumn.psd」というファイルを開きます。このファイルはタイトルバーを見るとCMYK の色情報を持った画像データ、写真データであることがわかります。これを特色1色、もしくは特色2色といった色で指定をしていきたいという時にはまず「イメージ」メニュー>「モード」で「グレースケール」へと変換します。それでは「イメージ」メニュー>「モード」「グレースケール」とします。色の情報を破棄するか確認が出ますので「OK」 としておきます。「グレースケール」になりましてから、さらに「イメージ」メニュー>「モード」の中にあります、「ダブルトーン」を選びます。 「ダブルトーン」では、ポップアップの種類のところに「1版」「2版」「3版」「4版」というのがあります。インキの数を表していると思ってください。今回の場合は「ダブルトーン(1版)」。そして、左側が「トーンカーブ」、右側の方がインキの色指定の部分です。今回はこの色指定の部分をクリックします。さらに、特色のカラーの内どのカラーを使うのかということで「Panton カラー」であったりですとか「DIC」などの指定が出せるようになっています。今回は「DIC」の305 というナンバーの色を使うんですけれども、ここでは虫眼鏡のマークの検索窓などがありませんがフォトショップの場合ですと直接数字のキーから何番という風に指定して頂くことができます。例えば 205 という風に入力しますと205 番が、また 305 という風に入力しますと 305 番がヒットして選ばれるようになります。今回は 305 番という色を指定し 「OK」とします。すると、305 番というインキの名前が直接入ってくれます。さらに、左側はインキ1というところの「トーンカーブ」のところにつきましてはクリックしますと どの位のカーブにするか本来の 40 %を何%にするかという「ダブルトーンカーブ」というのの調整ができます。 暗めに、もしくは強く色をインキとして使いたいという場合にはそれぞれ上の方向に上げていただくといいですし、逆に少し浅めにしたいという場合には下の方向に下げていただくといいでしょう。このように変更を行って「OK」とします。さらにもう一度「OK」としまして、これで「ダブルトーン画像」が出来上がりこの 305 というインキを使った印刷物データの上で配置していただくと同じインキを使った印刷物となります。特にレーベル面だけではなくこうした特色を使った印刷物の場合にはデータの作り方として2通りあり、直接「ダブルトーン」で特色の色指定をする場合と判子として出せばいいという概念からCMYK のいずれかの色に置き換えてデータを作るというやり方もあります。ここでは特色1色の写真の指定方法について解説しました。

商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

Illustratorは印刷物の制作に適した機能を豊富に備えています。このコースでは印刷物データの新規作成や紙面設計、配置画像の扱いや印刷インキの指定方法といった知識から、入稿用パッケージや印刷用PDFの作成方法、入稿前のデータチェックの手順まで学ぶことができます。印刷トラブルを回避するためのデータ制作テクニックも豊富に解説します。

7時間32分 (95 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
価格: 2,990
発売日:2016年10月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。