Excel 2013 データ分析のための基礎ツール

同じシートに作成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ピボットテーブルを、元表と同じワークシートに作成する方法を紹介します。
講師:
02:18

字幕

このレッスンではピボットテーブルを元の表と同じワークシートに作成する方法を解説します。Chapter 3 の Pivot Table Xlsx を開きSheet 1 を開いて下さい。ピボットテーブルを作成する時は元の表の中にアクティブセルを移動します。どこでも結構です。この状態で挿入タブをクリックして左端のピボットテーブルボタンをクリックします。実行するとピボットテーブルの作成ダイアログボックスが表示されます。標準ではピボットテーブルレポートを配置する場所を選択して下さいの所で新規ワークシートが選択されています。もし同じワークシート内にピボットテーブルを作成する場合は、ここで既存のワークシートをクリックします。場所と書いてあるボックスをクリックしてワークシート上のセルを選択します。今選択したセルを左上としてピボットテーブルが作成されます。OK ボタンをクリックして下さい。この枠線で囲まれた領域がピボットテーブルです。ピボットテーブルの中にアクティブセルを移動すると右端にピボットテーブルのフィールドリストが表示されます。ここでピボットテーブルのデザインを行ないます。もし新しいワークシートにピボットテーブルを作った場合ピボットテーブルを削除する時にはワークシートごと削除すれば結構です。 このように既存のワークシートにピボットテーブルを作った場合、ピボットテーブルを削除する時はピボットテーブルが挿入されている列全体を選択し右クリックして削除を実行して下さい。このレッスンではピボットテーブルを既存のワークシートに作成する方法を解説しました。

Excel 2013 データ分析のための基礎ツール

Excelにはオートフィルタやピボットテーブルなどデータを分析するための機能が豊富に用意されています。しかし多くの方はこれらの機能を十分に活用できていないのではないでしょうか。このコースでは「データとはなにか」という基本的な概念から、基本機能である並び替えやオートフィルター、ピボットテーブルなどまで順番に解説していきます。

1時間51分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年01月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。