商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

背の文字の中央配置

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
背の文字を中央に配置する方法(定規と変形パネルによる配置)について解説します。
講師:
03:10

字幕

このレッスンでは、背幅のタイトル、著者名を仕上がりの中央に配置する方法について解説します。まず画面に定規を表示します。「表示」メニュー>「定規」>「定規を表示」とすると画面の上側と左側に定規が表示されました。更に仕上がりの左上を基準点とするためズームツール、もしくはショートカットキーを使って左上を拡大表示します。更に、横の定規、縦の定規が重なり合った所にポインタを合わせドラッグし、仕上がりの左上の位置にマウスポインタを合わせ手を放します。これによって0の基準点が横の物差し、そして左側、縦の物差しとも左上を 0,0 という座標点と変更することができました。続いて、全体表示にします。「表示」メニュー>「アートボードを全体表示」そして位置を整えたいオブジェクト、もしくは文字列を選択ツールで選択し画面上、コントロールパネルの「変形」パネルをクリックします。まず上側を整えるということで基準点を上の中央に変更しX 座標で仕上がりサイズである517mm の2分の1としていきます。四則演算では /2 とすると÷2 という指定となります。また上から何ミリの位置という意味ではY 座標の所を調節します。今回は 25mm の位置とします。 こうすることによって、文字列を仕上がりの左右のセンターに更に上から何ミリの位置という指定が出来ました。同様にして著者名の所も選択ツールで選択し画面上、コントロールパネルの「変形」パネルをクリックしX は先程と同様 517mm を2分の1にするという指定としていきます。更に、上からではなく下から何ミリという位置にしたい場合には同じく「変形」パネルを使いますが基準点の位置を下の中央へと変更し仕上がりサイズである 210mm から下から何ミリという点では今回は 35mm という指定にしてみます。この場合、210 - 35 と指定して頂きますと著者名の一番下の部分を下から 35mm の位置へと移動することができます。この様にして選択ツールで動かしたいものを選択後定規、そして「変形」パネルを活用してセンターまたは上下の位置の調節をすることができます。このレッスンでは、背幅の所のタイトル、著者名をきちんとしたセンターへと移動する方法について解説しました。

商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

Illustratorは印刷物の制作に適した機能を豊富に備えています。このコースでは印刷物データの新規作成や紙面設計、配置画像の扱いや印刷インキの指定方法といった知識から、入稿用パッケージや印刷用PDFの作成方法、入稿前のデータチェックの手順まで学ぶことができます。印刷トラブルを回避するためのデータ制作テクニックも豊富に解説します。

7時間32分 (95 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
価格: 2,990
発売日:2016年10月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。