商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

文字(アピアランスによるフチ文字)

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
アピアランス機能を使ったタイトル文字へのフチ文字の設定方法について解説します。
講師:
05:17

字幕

このレッスンではアピアランス機能を使ったタイトル文字へのフチ文字の設定方法について解説します。表1のタイトル野鳥雑記はテキストデータをコピー&ペーストして配置します。文字のサイズは 72Ptsそして文字の色はブラック 100%にしておきます。また、著者名や柳田國男というのもテキストデータからコピー&ペーストして配置し文字の色は白抜きCMYK 0%にして頂くと良いでしょう。選択を解除して確認しますと文字の部分の野鳥雑記がバックの写真の背景と重なり合って見えづらくなっています。このような時、白フチにするといい訳なんですがその方法としましてはいくつかのやり方があります。ここでまず、文字に対して線の指定を掛けて白フチにしてみましょう。線の指定としましては「コントロール」パネルまたは「カラー」パネル「スウォッチ」パネルなどを使って線をホワイト、更に線の幅としましては1mm としてみます。そうしますと、文字の方が潰れたような表示になってしまいました。これは Illustrator の特性で線の指定というのはオブジェクトや文字に対して例えば 1mm という線幅の場合文字の内側に 0.5mm外側に 0.5mm の線幅としてトータル 1mm の線幅が付いているんです。 そのため文字の場合にはどうしても潰れたような表示になります。この様な時に設定して頂くといいのがアピアランスパネルを使ったフチ文字の設定です。実際にやってみましょう。まず文字に対する塗り線の指定はなしにしておきます。画面上見えなくなっていますが文字自体は残っています。これに対して「アピアランス」パネルをクリックします。アピアランスパネルでは文字、オブジェクトに対する塗りや線の指定、また効果の指定を重ねていくことができるという見た目の効果というような意味を持った言葉がアピアランスです。このパネルの右上「パネル」メニューをクリックして「新規塗りを追加」を選びます。塗りとしては墨 100%線としては白にします。更に線幅としては 1mm 幅にします。現在のところ、見た目では先程と変わらず文字が潰れたようになっていますがこの「アピアランス」パネルでは塗りや線を重ねていくことができ更にその各行を上下に入れ替えることができます。ここでは線のこの行をマウスポイントを合わせてドラッグして塗りより下へと動かします。そうすることで文字に対する塗りの指定そして線の指定は塗りより下に来ることによってすっきりとした白フチの文字となりました。 この状態ですと線幅の指定をいくら大きくしても文字が潰れることがありません。更にもう1つメリットとして文字に対する属性として設定されている状態ですので例えば文字に対して修正が加わった場合仮にこの鳥という文字を違う文字に替えてみます。この様に文字を替えたとしても属性が残っていますのでその文字に対する設定としての白フチは変わりがありません。それでは取り消してみます。更にもう1つメリットがあります。ここで指定した設定というのを登録しておくことによって他の部分でも適用することができるんです。この場合にはグラフィックスタイルという機能を使います。設定されているオブジェクト文字を選択後「グラフィックスタイル」パネル>「パネル」メニューから「新規グラフィックスタイル」とします。ここでは「白フチ」という名前にしてみましょう。そうしますと、新しいサムネイル「白フチ」のサムネイルが出来上がりました。ここで、仮にオビの所にありますタイトルを選択しこのグラフィックスタイルを適用してみましょう。サムネイル部分をクリックしますとそのワンクリックで同じ設定が適用されました。この様に文字に対するフチ文字の指定としましては色々な設定方法はあるんですけど最適なのはアピアランスというパネルを使った設定。 更にそのアピアランスで設定した内容はグラフィックスタイルとして登録しておくと同じアートボードの他の部分や他のアートボードにも素早く適用するというような手法が使えるようになっています。より効率良く設定することができますので是非この方法を覚えておいて頂くといいでしょう。このレッスンでは、タイトル文字に対するフチ文字の設定方法についてアピアラスという機能を使った方法をご紹介しました。

商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

Illustratorは印刷物の制作に適した機能を豊富に備えています。このコースでは印刷物データの新規作成や紙面設計、配置画像の扱いや印刷インキの指定方法といった知識から、入稿用パッケージや印刷用PDFの作成方法、入稿前のデータチェックの手順まで学ぶことができます。印刷トラブルを回避するためのデータ制作テクニックも豊富に解説します。

7時間32分 (95 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
価格: 2,990
発売日:2016年10月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。