商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

複数アートボードの保存

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
複数アートボードの保存方法について解説します。
講師:
03:25

字幕

このレッスンでは、複数アートボードのデータのファイル保存の方法について解説します。完成したデータは一度保存しておいて頂くと良いでしょう。保存の方法としては「ファイル」メニュー>「保存」または「別名で保存」となりますが今回保存オプションについて確認しますので「別名で保存」を選びます。保存先を決めます。「保存」ボタンをクリックしましてIllustrator オプションを確認します。ここでは「オプション」という項目に「各アートボードを個別のファイルに保存」というのがあります。デフォルトではチェックされていませんので今回はチェックしてみます。この他のオプションにつきましてはまず一番上の「バージョン」という所では下位バージョン、低いバージョンをお持ちの方とデータを交換する時に切り替える場合がありますが下位バージョンにすることによって再現できないデータが発生することもありますので通常は、同じバージョンにしておくと良いでしょう。またフォントにつきましてもフォントを埋め込むという処理の時のパーセントですが、こちらも100%にしておくと良いでしょう。「PDF 互換ファイルを作成」につきましては他のレイアウトソフト、例えば InDesign に配置する際には必ずチェックをしておきます。 入稿用のデータの場合配置してある写真素材等はチェックして配置した画像を含むというチェックが入る場合がありますが一般に入稿パッケージ、1つのフォルダに写真素材も纏める場合にはチェックは致しません。その他、「ICC プロファイルを埋め込む」は印刷会社とのやり取りの中でチェックを外してほしいと言われることもありますのでこの位置にこの様な機能があることだけ知っておくと良いでしょう。また「圧縮を使用する」というチェックをした場合でもデータが劣化するわけではありませんのでこちらはチェックしたままでいいかと思います。今回は「各アートボードを個別のファイルに保存」にチェックをしすべてが選ばれているのを確認しましたら、 OK とします。そうしますと、これによって指定の場所にファイルが保存されるわけなんですけれどもどの様にファイルが保存されているか確認してみます。保存されたデータ群につきましては複数アートボードにチェックが入っていますと本体である2つのアートボードを含むIllustrator ファイル今回の場合ブックカバーやそしてアートボードの名称をその後ろにファイル名としてつけたブックカバー「bookcover_ブックカバー」それから「bookcover_帯.ai」という様に各々別々のファイルが出来上がっています。 「ブックカバー」という文字が追加されているものを開いてみますとブックカバーだけのアートボード「アートボード」のパネルで確認すると良いでしょう。また同様に帯のファイルにつきましても帯だけのファイルが出来上がります。最初は複数のアートボードで作ったけれども別々のファイルで欲しいと言われた時等には今回ご紹介した様な保存時のオプション設定を使っていただくと良いでしょう。このレッスンでは、完成したファイルのファイル保存方法について解説しました。

商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

Illustratorは印刷物の制作に適した機能を豊富に備えています。このコースでは印刷物データの新規作成や紙面設計、配置画像の扱いや印刷インキの指定方法といった知識から、入稿用パッケージや印刷用PDFの作成方法、入稿前のデータチェックの手順まで学ぶことができます。印刷トラブルを回避するためのデータ制作テクニックも豊富に解説します。

7時間32分 (95 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
価格: 2,990
発売日:2016年10月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。