商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

イラストの配置

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
イラスト素材の配置について解説します。
講師:
02:46

字幕

このレッスンでは、イラスト素材の配置について解説します。素材フォルダの中の 06_logo_a1 というファイルを開いてみましょう。商品パッケージの場合には、商品ロゴまたキーカラー、イメージイラストなどが支給される場合があります。今回もこのような作業行程の中で進めていきます。イメージイラストを配置する作業につきましては素材を選択後、コピー&ペーストで台紙のデータへとペーストするといいでしょう。下側にあります波と梅のイラストを選択し編集メニューからコピーとします。台紙のデータ画面へと切り替えます。台紙のデータ画面では新しいレイヤーを用意しそこにペーストします。レイヤーパネルでは「新規レイヤーを作成」ボタンをクリックしてイラストという名称にしておき台紙のレイヤーはロックしておきます。「編集」メニュー>「ペースト」にしまして配置し梅のイラストが正面の面の下側の方に来るように調節をしておきます。正確な配置位置や寸法などの指定が入る場合にはそれに基づいての配置となりますが今回は下側という事でガイドラインを基に配置しておきましょう。また、もう一点の梅の花だけのイラストを側面の上の方へと配置しておきます。 同じ要領になりますので元のデータをコピーしペーストしておくといいでしょう。ペースト後、位置を整えイラストレイヤーを完成させます。このイラスト自体に対する配色また位置やイメージといった物につきましては食品、酒、お酒ですねお酒の種類などにあわせて各インハウスのデザイナーが作っている場合があります。インハウスというのはそのメーカーの企業内のデザインルームという所になるかと思います。その場合には配色を変えることもなくまた、デザインイメージを変えることもなく指示に従ってパーツを配置していくということになります。パッケージだけではなく、ポスター、チラシなど製品に合わせたシリーズとしてすべて統一したデザインイメージを作り上げていくほどにつきましてはこうした支給された素材の扱いにも気を付けるといいでしょう。このレッスンでは、イラスト素材の配置について解説しました。

商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

Illustratorは印刷物の制作に適した機能を豊富に備えています。このコースでは印刷物データの新規作成や紙面設計、配置画像の扱いや印刷インキの指定方法といった知識から、入稿用パッケージや印刷用PDFの作成方法、入稿前のデータチェックの手順まで学ぶことができます。印刷トラブルを回避するためのデータ制作テクニックも豊富に解説します。

7時間32分 (95 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
価格: 2,990
発売日:2016年10月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。