商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

背面描画と形状に変換

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
描画位置や効果機能を使った白マドの作り方について解説します。
講師:
05:47

字幕

このレッスンでは、背面描画機能や効果機能を使った白マドの作り方について解説します。レッスンファイルとしては素材フォルダの中の06_lesson2_ai というファイルを開いてみましょう。文字の配置までを終えているデータなんですが左下の部分に白マドを作りたいと思います。まず、画面を拡大表示します。このエリアに対して白マドを描画する時背面描画という機能を使うと文字の後ろ側に最初から描画する事ができます。ツールパネルの一番下には標準描画、背面描画そして今は選べないですけれども内側描画というボタンが用意されています。今回はこの背面描画を選びます。続いて塗りとしましては白、線はなしとしておきます。まずは、長方形のツールに切り替えこの文字を囲むようにドラッグしガイドラインを目安に長方形を描いてみましょう。そうしますと、文字の後ろ側に描画されたことが分かります。描画を終えましたら標準描画に戻しておきます。さらに印刷物の上ではこの塗り足しはあるものの実際の背面から内側 3mm ぐらいの位置に文字などが印刷されることが好ましいとされています。そうした意味では白マドも内側3mm まで追い込んでおくといいでしょう。 この場合、「効果」メニュー>「形状に変換」また、角を丸めたければ「角丸長方形」など通常の四角形でよければ「長方形」を選んでいただくといいでしょう。今回は角丸長方形を選んでみます。そうしますと、値を追加・値を指定とあるんですが今回は値を追加でマイナスの指定をしていきます。まずは、-3 としてそして高さ方向についても-3 としてプレビューをチェックして仕上がりの状態を確認します。角のアールの部分の半径につきましては3mm としておきます。こうすることによって描いたオブジェクトがガイドラインを目安としたそこから 3mm 内側の位置になるような白マドが出来上がりました。OK ボタンをクリックします。選択ツールに切り替えて表示を確認します。選択解除後仕上がりをイメージして確認できたら更に「表示」>「アウトライン」を選んで確認してみますと今見えていた角丸の長方形というのがアウトライン表示では見えないかと思います。これは、「表示」メニュー>「プレビュー」に切り替えて再度確認して頂くと実体と見た目が違うことに気づくかと思います。効果メニューで連携をかけていく効果を付けていくといったものは見た目の効果を表現している物で最終的な入稿データにする際にこれを分割という処理をしておくといいでしょう。 なお、例えば今回このデータに対して角丸のアールを変えたいのような変更が出来た場合にはアピアランスパネルを使って修正が可能です。最終的に分割する前まではアピアランスパネルで効果メニューで指定したものが編集、加工できるという訳です。ここでは、角丸長方形の項目をアピアランスパネルで選択後値を追加というところでもう1つ -4mm まで落としてみたいと思います。このように修正が可能なのが効果メニューの各種機能でアピアランスパネルによって管理されていると考えるといいでしょう。それでは、OK ボタンをクリックします。さらにこのエリアの文字データも白マドに対して左右中央に来るように調節しておきます。選択ツールでまとめて選びさらにキーとなるオブジェクトつまり、動かしたくないオブジェクトを更にクリックします。ここでは、白マドをクリックしまして左右の中央に文字を置きたいと思いますから水平方向中央に整列をクリックします。このようにして白マドの作成また変形そして再修正から整列までを行いましたが最終的にこの白マドは分割しておくといいでしょう。以降修正しないことが分かりましたら「オブジェクト」メニュー>「アピアランスを分割」としていただきますと本来のオブジェクトの形状へと変更することができます。 選択を解除後改めて表示メニュー>アウトラインで確認して頂きますと形状はアウトライン画面でも見えるのが分かります。それでは、表示メニュープレビューに戻しておきます。このレッスンでは、背面描画また効果機能を使った白マドの作り方について解説しました。

商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

Illustratorは印刷物の制作に適した機能を豊富に備えています。このコースでは印刷物データの新規作成や紙面設計、配置画像の扱いや印刷インキの指定方法といった知識から、入稿用パッケージや印刷用PDFの作成方法、入稿前のデータチェックの手順まで学ぶことができます。印刷トラブルを回避するためのデータ制作テクニックも豊富に解説します。

7時間32分 (95 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
価格: 2,990
発売日:2016年10月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。