商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

オブジェクト不備に対するトラブル回避策

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
オブジェクトの不備を防ぐIllustrator機能について解説します。
講師:
05:35

字幕

このレッスンではオブジェクトの不備を防ぐためのIllustrator 機能について解説します。例えば入稿後印刷会社側で塗り足しがないという様なトラブルが発生することがあります。仕上がりサイズの外側3mm まで塗り、また写真の素材を配置して頂くことが必須となってくるわけなんですけどこれはレイアウトデザイン上紙の端まで塗りや写真が入るという様な場合に必要になるという機能になります。こちらは新規にファイルを作成する時の「裁ち落とし」という設定。またオブジェクトメニューにあります「トリムマークを作成」でトンボが作れますがトンボはダブルトンボになっており塗り足しまでの場所を示してもいます。こうした目安を基準として配置をして頂く、もしくはレイアウトして頂くことをお薦めします。またデータに関して線の指定をした場合にあまりに細い線では残念ながらかすれてしまったり正しく印刷できないということもあります。これは CMYK という各インキベタでの指定の場合つまり 100% 指定の場合でしたらばトンボよりは太い線幅にして頂くことが望ましいとされます。一般にトンボは0.1mm 以下なんですけど実際の所は印刷する線といった場合0.1mm 以上、ポイントですと0.3pt 以上にして頂くことが推奨されます。 また CMYK のインキ、複数のインキでかけあわせをしているような線の場合には少なくともそれ以上0.5pt 以上の線幅にすることが推奨されています。印刷して出来上がったもの本来線が入っているはずなのにかすれてしまってる、もしくは印刷されないというトラブルを避けるためにこうしたことが推奨されているんです。それでは塗り足しに関して Illustrator の機能について確認して頂きましょう。ご覧いただいているDM の NG データサンプルとして「暑中お見舞い申し上げます」裏面については左側は塗り足しまであるデータ右側は仕上がりまでしかデータがないものなんです。画面で拡大表示して見ていきましょう。まず「ファイル」メニュー>「新規」としますと仕上がりサイズに対して裁ち落としという設定があります。印刷用途のプロファイル「プリント」というのを選びますと自動的に裁ち落としは3mm という設定がなされます。これは仕上がりサイズの外側3mm まで裁ち落とし切り落とされるエリアだけれども塗りや画像が配置する場合紙の端まで入る場合は 3mm 外側まで配置すること、というのが印刷物データの制作ルールの1つでもあるからなんです。 この 3mm という指定があることによって新規のファイルでは仕上がりサイズは黒い線で、また裁ち落とし、つまり塗り足し部分を表すラインとしてこの赤い線がつくようになってるんです。つまり天地左右とも仕上がりサイズの黒い線から上に 3mm、左に 3mmという様に広がったエリアを用意してくれますので例えば塗りでしたらばここで塗りの指定を行いましてまた線の指定、今回は「なし」としましてこのエリアに裁ち落としようの塗りが入りますよといった場合ご覧の様にこの赤い線の所まで塗りを入れて頂くことが望ましい訳なんです。最終的には仕上がり線である黒い線の所で断裁と言って一気に印刷物を数百枚という単位で断裁、切り落とすわけなんですね。そうすることで仕上がりの端まで塗りが入るということになります。DM データであった場合でも同じ考え方です。DM データでは左側は塗りが赤い線まで入っていますけれど右側は赤い線まで入っていません。ギリギリの所ですので場合によっては大量に断裁をした時紙の端の部分、仕上がりの端の部分だけ白い紙の地の色が出てしまうことが発生してしまうんですね。そうしたことから必ず配置する写真素材を紙の端まで入れたい、また塗りを紙の端まで入れたいといった時にはこの仕上がり外側の3mm 外側の位置ですね。 裁ち落としの位置まで配置、もしくは塗りを入れることを推奨します。こうした印刷物の制作ルールも合わせて覚えておきましょう。このレッスンではデータの不備に対する防止策としてのIllustrator 機能について解説しました。

商業印刷用データ制作のためのIllustratorテクニック

Illustratorは印刷物の制作に適した機能を豊富に備えています。このコースでは印刷物データの新規作成や紙面設計、配置画像の扱いや印刷インキの指定方法といった知識から、入稿用パッケージや印刷用PDFの作成方法、入稿前のデータチェックの手順まで学ぶことができます。印刷トラブルを回避するためのデータ制作テクニックも豊富に解説します。

7時間32分 (95 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
価格: 2,990
発売日:2016年10月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。