Excel 2016 ピボットテーブル活用術

ドリルダウン、ドリルアップ、ドリルスルーで分析する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
代表的な分析手法の「ドリルダウン」「ドリルアップ」「ドリルスルー」について解説します。
講師:
03:00

字幕

このレッスンでは代表的な分析手法のドリルダウン、ドリルアップドリルスルーについて解説します。ドリルダウン分析とは大分類から中分類中分類から小分類など大きなくくりから詳細へと深く掘り下げていく分析手法です。例えばこちらのピボットテーブルでカテゴリごとの店舗ごとに集計が出ていますがカテゴリをもっと深く掘り下げて分析をしたいという場合には見たいカテゴリのところをこちらをダブルクリックします。表示された詳細データの中から例えば商品名を選んでOK をクリックするとカテゴリの中のさらに細かい商品ごとのデータを確認する事ができます。次にドリルアップ分析とは詳細データを集約しながら大きな分類へと動向をつかんでいく分析手法です。例えば、こちらのピボットテーブルで各カテゴリーごとの商品データを集計結果を確認してさらに大きなくくりへと内容を確認したい場合にはピボットテーブルツールの「分析」タブのこちらにあるフィールドの折り畳みをクリックします。これで、カテゴリごとの集計結果を確認することができます。最後にドリルスルー分析とは分析したい集計位置の詳細データを取り出し更に分析を行う方法です。例えば、こちらのピボットテーブルのニットカーディガンの大阪のデータをさらに詳しく見たいという場合にはこちらの集計値こちらを選択してダブルクリックします。 すると新たにシートが作成されて大阪のニットカーディガンだけの明細データがピックアップされました。ピボットテーブルの機能を生かして分析の作業効率をアップしましょう。このレッスンでは3つの分析手法について解説しました。

Excel 2016 ピボットテーブル活用術

このコースはExcel 2016で初めてピボットテーブルに触れる方でも体系的な理解が得られるように構成しています。事例をもとにした売上分析や売上ランキングなど、さまざまな角度から分析できる集計表の作成方法を詳しく解説します。結果をわかりやすく可視化するための並び替えやグラフ、また実務でよくある失敗例とその対処法にも触れています。

1時間49分 (31 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年10月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。