Excel 2013 データ分析のための基礎ツール

ピボットテーブルの移動

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
作成したピボットテーブルを移動する方法を紹介します。
講師:
02:54

字幕

このレッスンではピボットテーブルの移動について解説します。Chapter 3 の Pivot Table.xlsx を開きSheet 1 を開いて下さい。まず簡単なピボットテーブルを作ってみましょう。アクティブセルが表の中にあることを確認し挿入タブをクリックします。左端のピボットテーブルボタンをクリックし、表示されるピボットテーブルの作成ダイアログボックスでOK ボタンをクリックします。実行すると新しいワークシートが挿入され、空のピボットテーブルが挿入されます。ここでは簡単に次のようにレイアウトしてみましょう。名前フィールドを行エリアにドラッグ&ドロップします。続いて金額フィールドを値エリアにドラッグ&ドロップします。シンプルなピボットテーブルが作成できました。このピボットテーブルは新しく挿入した Sheet 4 に作成されています。このピボットテーブルを移動するには、分析タブのアクションボタンをクリックし、ピボットテーブルの移動を実行します。なお画面の解像度によってはピボットテーブルの移動ボタンがすでにリボンに表示されている場合もあります。クリックしてみましょう。実行するとピボットテーブルの移動ダイアログボックスが表示されます。 ここで既存のワークシートがオンになっているのを確認し、場所をクリックし、挿入したいワークシートを選択します。例えば H2 を選ぶとこの H2 を左上としてピボットテーブルがここに移動します。元の表と同じワークシートに挿入した状態になります。こうしたピボットテーブルを新しいワークシートに移動する考え方も同じです。アクションボタンをクリックし、ピボットテーブルの移動を実行します。表示されるピボットテーブルの移動ダイアログボックスで新規ワークシートを選択して、OK ボタンをクリックすると新しくワークシートが挿入され、A3 を起点としてピボットテーブルが移動します。このレッスンではピボットテーブルの移動について解説しました。

Excel 2013 データ分析のための基礎ツール

Excelにはオートフィルタやピボットテーブルなどデータを分析するための機能が豊富に用意されています。しかし多くの方はこれらの機能を十分に活用できていないのではないでしょうか。このコースでは「データとはなにか」という基本的な概念から、基本機能である並び替えやオートフィルター、ピボットテーブルなどまで順番に解説していきます。

1時間51分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年01月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。