Excel 2016 ピボットテーブル活用術

失敗例:分析したい項目が元の明細表にない

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
実務でよくある失敗例として、分析したい項目が元の明細表に揃っていない場合の例とその対処法を解説します。
講師:
03:41

字幕

このレッスンでは実務でよくある失敗例として分析したい項目が基の明細表に揃っていない場合の例とその対処法を解説します。こちらのピボットテーブルをご覧ください。これは各商品ごとの売上数量と売上の合計金額が集計されています。これで各商品ごとの数量と金額の集計はわかりましたので更に大きな分類へと動向を掴んでいく分析をしたい場合にはもう1つ上の分類で集計をする必要があります。そこで、こちらのフィールド名を見てみると商品に関する情報は「商品コード」と「商品名」しかありません。明細の方も見てみますがこの様に項目としては日時・店名・商品コード・商品名・売価・数量・単価しかありません。この商品のもう1つ大きな分類というのがこの中にデータとして入っていませんのでこのままではその分析を行うことができません。分析したい項目はこの明細の中に揃っている必要があります。1つ上の分類としてカテゴリー名を追加していきましょう。H 列にカテゴリー名の情報を追加しました。データを追加する場合には手入力よりも、できればVLOOKUP 関数等計算式を使って追加をすると間違いもなく、作業も手早くできます。後はこの追加したカテゴリー名で先程のピボットテーブルを変更していきます。 まずデータを追加しましたのでデータの範囲を変更します。「分析」タブ>「データのソースの変更」こちらをクリックします。今 G 列までになっていますのでこちらを H 列までに増やしていきます。OK をクリックしましょう。ここにカテゴリー名が追加されましたので商品の上ですね、行の中、商品の上に配置をします。これで1つ上の大きな分類ですね。カテゴリーごとに分析をすることも可能になりました。この様に分析に使いたい項目は明細にすべて揃っている必要があります。足りない場合には計算式を使うなどして効率よくデータを追加し必要なものをすべて明細に揃えてからピボットテーブルを作りましょう。このレッスンでは実務でよくある失敗例として分析したい項目が基の明細表に揃っていない場合の例とその対処法を解説しました。

Excel 2016 ピボットテーブル活用術

このコースはExcel 2016で初めてピボットテーブルに触れる方でも体系的な理解が得られるように構成しています。事例をもとにした売上分析や売上ランキングなど、さまざまな角度から分析できる集計表の作成方法を詳しく解説します。結果をわかりやすく可視化するための並び替えやグラフ、また実務でよくある失敗例とその対処法にも触れています。

1時間49分 (31 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年10月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。