Excel 2016 ピボットテーブル活用術

3つのコツを知って元になる明細表を準備しよう

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
元になる明細表を作成する際のポイントを解説しています。
講師:
01:31

字幕

このレッスンでは元になる明細表を作成する際のポイントを解説しています。まず1つ目は、データは1列1項目1行1明細に作成することです。1つの列にコードと商品名が一緒に入力されていたり1明細が2行に渡っている明細だとピボットテーブルを上手く作ることができません。次に、セル結合など余計な書式を設定しないということです。ピボットテーブルの元になる明細表は必要最低限の書式だけを設定して余分な書式は設定しないように心がけましょう。そして、3つ目のポイントは標準化されたデータを使用するということです。例えば、会社名の株式会社を(株)と入力されている場合と「株式会社」と入力されているデータが両方混在していると正しく集計されません。会社の中で一定のルールを決めてデータが標準化されるように入力を揃えていくことが重要です。このレッスンでは、元になる明細表を作成する際のポイントを解説しました。

Excel 2016 ピボットテーブル活用術

このコースはExcel 2016で初めてピボットテーブルに触れる方でも体系的な理解が得られるように構成しています。事例をもとにした売上分析や売上ランキングなど、さまざまな角度から分析できる集計表の作成方法を詳しく解説します。結果をわかりやすく可視化するための並び替えやグラフ、また実務でよくある失敗例とその対処法にも触れています。

1時間49分 (31 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年10月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。