Excel 2016 ピボットテーブル活用術

3つのコツを知ってピボットテーブルを使いこなそう

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ピボットテーブルを使いこなすポイントを解説しています。
講師:
01:12

字幕

このレッスンではピボットテーブルを使いこなすポイントを解説しています。ピボットテーブルを使いこなすコツはまず、元になる明細の表をテーブルで定義をしておいてデータ量の変化に自動対応させることです。セル番地で範囲指定をしているとデータ量に変化があった時に修正しなければいけません。次に、項目を配置しながらレイアウトを決めていきますので集計表のイメージはその場で作っていくことができます。そのメリットを活かして項目の配置を変えながらレイアウトを仕上げていきましょう。最後にピボットテーブルの機能を有効活用し上手に可視化をして下さい。タイムラインやスライサーまた、ピボットテーブルからピボットグラフなど便利な機能を上手に使って集計や分析業務にお役立てください。このレッスンではピボットテーブルを使いこなすポイントを解説しました。

Excel 2016 ピボットテーブル活用術

このコースはExcel 2016で初めてピボットテーブルに触れる方でも体系的な理解が得られるように構成しています。事例をもとにした売上分析や売上ランキングなど、さまざまな角度から分析できる集計表の作成方法を詳しく解説します。結果をわかりやすく可視化するための並び替えやグラフ、また実務でよくある失敗例とその対処法にも触れています。

1時間49分 (31 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年10月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。