Photoshop によるデジタル絵画入門:ツール編

保存時のドキュメントサイズと種類

全378コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
ドキュメントは絵の保存ファイルでWeb用に使用する物や印刷用の物など様々な種類がありますが、基本的な保存ファイル設定を学びましょう。
講師:
05:39

字幕

このレッスンでは保存時のドキュメントの種類サイズについてお話しします。ドキュメントとは描いた絵を保存する時のファイルのことです。保存ファイルには Web 用や印刷用、様々な種類がありますけれど初めに基本的なファイル設定を学びましょう。まず画像を開いてありますがこのファイルは開いてちょっと加工はしてあるんですがこの GraceJonespsd ファイルというファイルです。これを保存すると「上書き保存」になりますね、最初に Photoshop で開くと確実に psd ファイルになると思いますが1度「別名で保存」してみます。「フォーマット」というのがでてきますね。ここで Photoshop一番上にあるんですけれど下の方にもありますがこの何も書いていない Photoshopこの形式で必ず保存をしておきましょう。「デスクトップ」か何かに保存しますね。今デスクトップに保存しました。この psd ファイルと、それからもう1つ別な形式で保存します。今度はよく使われる画像というのは JPEG ファイルそれからピングファイル、PNG ファイルこの2つぐらいだと思うんですけれどもその他に BMP だとかね。これは Windows で使うものですね。 それから GIF とかこれは色数、減ってしまうんですけどアニメーション GIF なんかを作る時に必要になってきます。Photoshop EPSこれは印刷用のファイルです。様々な形式がありますけど一番使用頻度の高いのはこの JPEG ファイルだと思いますのでJPEG ファイルで保存します。拡張子勝手についてくれますのでこれで保存しますね。画像オプションがあって画質選択しなければいけないんですけど最高、一番綺麗な画質ですね。これを選んで OK します。これで2つ保存されたんですけどファイル保存したので保存したファイル開いてたのを閉じてしまったんですけれどもこの状態でもう一度開きます。Shift を押すと2ついっぺんに開くことが出来ます。開きます。先程となんら変わりはありませんよね。タブを見てもらうとGraceJones.jpgこちら psd ファイルも色も変わりませんし大きさも同じです。この psd ファイルというのは上に実はここのネームが別のレイヤーになって載せられています。その状態で psd ファイルはそのまま保存したんですけれどもこっち、JPEG ファイルはどうなってるかというとレイヤーがありませんよね。 このネームは背景と一体化してしまうんですね。Photoshop で作業していく時には必ず psd ファイルを選択して保存して下さい。そうするとここで加工して...この上ですね、加工したもの例えばエフェクトとかいろんなものがありますがエフェクトってどういうものかというと色んなエフェクトがありますけれど今この HAL というここにエフェクトをかけようとしているんですけどちょっと変わりましたね。こんな風にエフェクト、それから今のレイヤーもそうですし色の補正、例えば「明るさ・コントラスト」なんていうもので少しコントラストを強烈にした画像を作りたいとか、そういう時にこんな風にコントラストを付けていくとかこういう補正レイヤーと言いますけどこういうものもすべて保存されます。他の画像形式で保存すると、こんな風に一体化してしまいます。保存時は必ず psd で行って、何かの用途に合わせて他の画像形式に変換をしていきましょう。その際には「別名で保存」あとは Web 用に使うんでしたらこの「Web 用に保存」というのもありますのでこれは何かというとピクセル数を変えることができます。例えば 886 pixel、横幅ですね。 これを半分にするとか433 とかですね。こんな風にこのパネル上で大きさを変換することができます。それから JPEG でしたら「画質」を落としてファイルを小さくする。ここで今一番最低で18.14k なんですけれども最高画質にすると 273 ですね。こんな風に画面を見ながら調整をしていくことができるのでこれで保存をしていくと。そういう操作をしていきます。このレッスンでは保存時のドキュメントサイズと種類について解説しました。

Photoshop によるデジタル絵画入門:ツール編

Photoshopはさまざまな業界で利用されているグラフィックには欠かせないソフトウェアです。このコースではPhotoshopを使ったデジタルペインティングの基礎を解説します。Photoshopにある描画や画像コントロール機能の中からキャンバスの扱い方や描画ツールの設定、色調整や最終調整の仕方などデジタル絵画やイラストを描くさいに使える便利な機能を学びます。

3時間40分 (50 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
プラン加入者限定
発売日:2016年10月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。