近日弊社のプライバシーポリシーが更新されます。プレビューをご覧ください。

Photoshop デジタル絵画入門:ツール編

描画色と背景色を知り描画時の効率化を図る

全437コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
描画色とキャンバスカラー色が描画用設定色です。描画色と背景色の入れ替えを行い、作業中の使用方法に応じた2色を設定し効率化を図ります。
講師:
02:53

字幕

このレッスンでは描画色と背景色を知って描画時の効率化を計っていきましょう。描画する色とキャンバスカラーの色。描画する色というのはここで今表示されているカラーチップを見ると描画色が白になります。背景色が赤になっています。これはどういうことかというと背景色というのはキャンバスカラーのことなんですね。消しゴムを使ってみます。画像の上に今消しゴムを使ってみますが消しゴムを使うと...少し不透明にして、消しゴムを使うとどうなるか。紙が白なので白になるわけですね。ただこれ紙の設定が赤なんですね。これを入れ替えてみますね。背景色が白になりました。この状態で消すと紙の色に戻るということなのでこれは決して間違いではないですけれどでもこの両方の色、これをうまく使うことによってブラシ1本に対して2色を割り当てることができるという感覚になるんですね。ちょっと戻します。ではここにレイヤーを1個作ってみます。この描画色、背景色これを入れ替えながらブラシでブラシだと丁度消しゴムの逆という感じになりますが、なんか変なブラシになってるので初期設定に戻しておきます。「ハード円ブラシ」ですね。今は「描画色」、ブラシは描画色を使って描画する。 レイヤー1枚追加しましたので赤でこんな風に描画することができます。「背景色」、これを使う時はどうするのかというとこれはキーボードでアクセスして下さい。X キーを押します。そうすると描画色と背景色、ここ見て下さいね。入れ替わってきます。ですから例えばここら辺のブルーをもう少し鮮やかなブルーにしたいなという時はここですね。赤とブルー、この鮮やかな赤とブルーを使い分けてこんな風に塗り分けていくなんていう作業が非常に簡単にできるようになります。作業中に必要な色2色これを使っていくことができるのが描画色と背景色です。あまり背景色とこだわらずにX 色とでも考えてもらえば良いと思います。このレッスンでは鉛筆ツールについて解説しました。

Photoshop デジタル絵画入門:ツール編

Photoshopはさまざまな業界で利用されているグラフィックには欠かせないソフトウェアです。このコースではPhotoshopを使ったデジタルペインティングの基礎を解説します。Photoshopにある描画や画像コントロール機能の中からキャンバスの扱い方や描画ツールの設定、色調整や最終調整の仕方などデジタル絵画やイラストを描くさいに使える便利な機能を学びます。

3時間40分 (50 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
プラン加入者限定
発売日:2016年10月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。