近日弊社のプライバシーポリシーが更新されます。プレビューをご覧ください。

Photoshop デジタル絵画入門:ツール編

ブラシ、エアーブラシ、鉛筆のサイズを変更するショートカット

全437コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
絵はブラシサイズを変更しながら描く場面が多くあります。ブラシサイズの変更はPhotoshopならではの便利なショートカットを利用しましょう。
講師:
04:17

字幕

このレッスンではブラシ、エアブラシ、鉛筆のサイズ等を変更するショートカットを覚えてもらいます。絵を描く時ってどういう絵かにもよるんですけど細かい部分というのは小さいブラシを使って描いていきたいと思いますよね。大きい部分、大きい面積の所というのは大きいブラシで例えばこんな感じですね、こうこういう絵を描いたとします。その時に、狭い所こういう小さい所ですね。小さいブラシでこういう風に描いていくというのは当然だと思うんですけどこのサイズで例えばこの面積を塗る、これはすごく大変な仕事になってしまいますよね。とりあえずこの様に塗りたいんだっていう時はブラシサイズを大きくすると思います。その時はこのオプションバーですね。この中にあるこのブラシの直径を変更するアイコンからクリックして変更ができます。これでももちろん良いんです。でもこれだけではなくてもっとコンピューターならではの扱い方、Photoshop にはとても便利なキーボードショートカットというのが割り当てられています。これを使っていきます。それを使ってみます。カーソルを見ていて下さい。大きくします。こんな風に大きくなります。大きくすれば大きく塗れるわけですね。 逆に小さくする。これはキーボードのEnter キーの左側に大体位置していますけど角括弧というのがあります。これを押すとブラシサイズが小さくなっていきます。今度逆の右角括弧このキーを押すと大きくなっていきます。この大きくなる、小さくなるというサイズなんですけれど、50 px50 px を境にして50 px を境にして、それよりも大きくしたいという時はこの右角括弧を押しますけど10 px 単位で大きくなっていきます。次は 60 になって、次が 70 になってという感じです。50 より小さい場合、こういう場合は5 px 単位で小さくなっていきます。ですから 45、40、そして 35 ていう風に小さくなっていきます。更にもっと小さくすると10 px 以下になった場合は1 px 単位で次は 9、次が 8 という風に動いていきます。あとここを見ていてください、ここですね。これで今大きい方、右角括弧を押します。45 ですね、50 以下なので45 になって、もう1回押すと50 ですね、それ以上押していきます。60、70、80、90、100ていう風に100 を越すと、またこれ 125 と125 px になるんですね。 150、これ見た感じで見てもらうとわかるんですけどこの大きくなる時は大きい方が明確にわかるんですね。これ 100 px を越えた所で1 px ずつ動いていくのだと全然大きくなった気がしないですけどこんな風にうまく感覚的に小さくなったり大きくなったりしていくのでこれを利用します。このキーボードショートカットはここにあるブラシツール、鉛筆ツール、色の置き換えとか混合ブラシ、すべてに適用できます。是非利用してみて下さい。

Photoshop デジタル絵画入門:ツール編

Photoshopはさまざまな業界で利用されているグラフィックには欠かせないソフトウェアです。このコースではPhotoshopを使ったデジタルペインティングの基礎を解説します。Photoshopにある描画や画像コントロール機能の中からキャンバスの扱い方や描画ツールの設定、色調整や最終調整の仕方などデジタル絵画やイラストを描くさいに使える便利な機能を学びます。

3時間40分 (50 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
プラン加入者限定
発売日:2016年10月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。