Photoshop によるデジタル絵画入門:ツール編

色の置き換えツールと混合ブラシツール

全369コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
この2つのツールは描いた画像のディテールを壊さずに色を変えたり、描かれた色をキャンバス城で混ぜ合わせる事が出来ます。
講師:
03:53

字幕

このレッスンでは、色の置き換えツールと混合ブラシツールについて解説していきます。色の置き換えツール、混合ブラシというのはこのブラシのところにあります。既にもう色の置き換えツールが選択されていますけれどもここも 4 つの項目がありますけれどもこれはショートカットで移動できます。通常は他のツールを持っている時にB ボタン(ブラシの B )を押すとここが指示されます。さらにブラシの種類を変えたい時はShift を押しながら B を押すとこうして次々と変わっていきます。色の置き換えツールですけれども今、女性の顔がこうありますがこの口紅の色を変えたいとアバンギャルドな感じにしていきましょうか。通常のブラシツールだと、当然なことですが選んだ色でブラシングするので、こんな風にフラットな感じになってしまいますよね。取り消します。色の置き換えツールを使うとブラシを塗り重ねて作ったデティールそのままを使ってブラシングする色だけをこう置き換えて自分の持っているこのグリーンの色にしていきます。結構乱雑にこうペンをタブレットに押し続けてワンストロークで描いているんですけどもこうしていくと、最初にプレスした色を選択しながら作業していってくれるのでここら辺でギュッとこう今グリーンになっちゃったんですけれども多少はみ出ても大丈夫です。 エッジをシッカリと検出してグリーンにしてくれます。こんな感じですね。なかなか便利なツールだと思います。瞳もちょっと変えてみましょう。赤にしてみましょうかね。このまま行きますけれどもこんな感じで色を置き換えて表現をすることができます。次は混合ブラシです。混合ブラシというのは名前のとおり混合していくブラシで今、赤色を使っていますけれどもこの赤色をこういう風にしていくとちょっと分かりづらいんですけれどもこの色と違うのは分かりますよね。後ろにあるこの既に描いた色とミックスしながら描いているんですね。ちょっと色自体が変わってしまうのでここのチェックを外すと元のこの色をずっとミックスしながら描いていくことができます。さらに、ここのチェックを外していきます。こうすると、自分が持っている色ちょっとブラシを洗います。自分が持っている色は使わずにもうすでに描かれた色だけを使ってこんな風に混合していきます。なかなか面白いツールだと思いますのでぜひここら辺も上手く利用してもらうと、楽しい絵作りができると思います。このレッスンでは色の置き換えツールと混合ブラシツールについて解説していきました。

Photoshop によるデジタル絵画入門:ツール編

Photoshopはさまざまな業界で利用されているグラフィックには欠かせないソフトウェアです。このコースではPhotoshopを使ったデジタルペインティングの基礎を解説します。Photoshopにある描画や画像コントロール機能の中からキャンバスの扱い方や描画ツールの設定、色調整や最終調整の仕方などデジタル絵画やイラストを描くさいに使える便利な機能を学びます。

3時間40分 (50 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
プラン加入者限定
発売日:2016年10月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。