Photoshop デジタル絵画入門:ツール編

コピースタンプツールとパターンスタンプツール

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
同じ物を連続させて描画していく時はコピースタンプ。パターンを使って描画したい時はパターンスタンプツールを使います。
講師:
06:34

字幕

このレッスンでは、コピースタンプツールとパターンスタンプツールこの 2 つについて解説をしていきます。まずコピースタンプツールです。このブラシツールの下にあるコレがコピースタンプツールです。コピースタンプ、コピーしながらスタンプするということですね。これをこのまま、ここですると「Option を押しながらアクティブなレイヤーをクリックしてコピーするポイントを定義します。」「コピーするポイント」の意味は、どこからコピーするのかを定義をしなければいけないということです。例えば、この唇にします。この唇をコピーして、別の場所にスタンプします。どういう風にするのかと言うと先程あったように Option を押しながらWindows では Alt キーを押しながらターゲットになったら分かりますかね。唇のところで一回クリックします。手を放して、ここら辺にストロークすると上の描画点と、それからコピー元の方にもカーソルがあるのが分かると思います。そのままドラッグして途中でペンを外しても大丈夫です。両方見ながらこんな風に描画することができます。これはコピースタンプです。これは、新しいレイヤーを今作りますが新しいレイヤーに対しても使うことができます。 通常はこの「現在のレイヤー」になっているんですけれども「現在のレイヤー以下」とか「すべてのレイヤー」にするとここで Option をクリックした情報がここら辺にスタンプできます。これはレイヤーの上にスタンプされています。ここですね。こんな感じになっています。これを通常の「現在のレイヤー」にしてしまうとこれはここでクリックしても描くことができません。下の背景の色しかないのでここは結局こんな感じですね。透明のところをクリックして透明をここにコピーしているという意味になってしまうのでレイヤーが別のときは、「現在のレイヤー以下」とか「すべてのレイヤー」というのを選びましょう。それからここでクリックしてこちらにしましょう。ここでクリックしてこう描きますけれどもこのままマウスカーソルを外して、やっても同じところからこうスタンプされていきますけれどもここのチェックを外すとこちら側をやってみますね。ここでクリックしてこのように今マウスカーソルをそのまま押し続けた状態ですね。一筆書きの状態で描いています。そしてマウスカーソルを外します。スタンプすると、スタンプ元の方は移動せずにこんな風に色んな場所に同じものをどんどん次から次へとスタンプできるようになります。 これがここのボタン「各ストロークに同じオフセットを使用」同じコピー元のところをそのまま利用していってスタンプします。もう一つ、パターンスタンプツールというのがあります。パターンスタンプというのは、パターンをスタンプするのでパターンが必要になります。パターンはここに表れています。これがパターンです。例えば、この斜めの線になっているのをこの印象派風というのが入っているのでこれがパターン元の情報です。この斜めのラインがずっと引かれているわけですね。今マウスカーソルを外しましたけどそれで外してからこう描いてもその斜めのラインというのは崩れることなく連続しているわけです。この同じアイコンを外すとパターン元、パターンを使う時の拡大すると分かりますけれどもこんな風にズレてくるんですね。このズレもそのまま面白いと思うんですけれどもわざとずらすというものね。ここにチェックが入っているとズレることなくすべて同じパターンが繰り返されます。もう一つ 先程チェック入っていましたがこれは印象派風ということで今パターンの元の色が白と黒だけなんですけれどもそれがこうランダムに混ぜ合いながら適切なパターンがないんですけども混ぜ合いながら印象派っぽいような風合いを出していくにはこのチェックを入れて下さい。 「印象派効果のペイントタブとしてパターンをラスタライズします。」と何か難しく書いてありますけれどもパターンは色んなパターンがこうありますのでここら辺から選んでもいいです。これはキャンバスですね。パターンですね。「自然」というのはどういうのでしょう。こんな感じですね。今使ってたのが「自然」の一部だったんですね。こういう風にパターンに色んなのがありますから。これがパターン元ですね。色んなのがありますからぜひ使ってみて下さい。このレッスンでは、コピースタンプツールとパターンスタンプツールこの2つについて解説していきました。

Photoshop デジタル絵画入門:ツール編

Photoshopはさまざまな業界で利用されているグラフィックには欠かせないソフトウェアです。このコースではPhotoshopを使ったデジタルペインティングの基礎を解説します。Photoshopにある描画や画像コントロール機能の中からキャンバスの扱い方や描画ツールの設定、色調整や最終調整の仕方などデジタル絵画やイラストを描くさいに使える便利な機能を学びます。

3時間40分 (50 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
プラン加入者限定
発売日:2016年10月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。