Photoshop デジタル絵画入門:ツール編

ブラシにテクスチャーを設定する

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
テクスチャーを利用すると、キャンバスの素材感を出す事が出来ます。
講師:
03:38

字幕

このレッスンではブラシにテクスチャを設定します。ブラシパネルの1、2、33番目ですね。「テクスチャ」というのがあります。テクスチャてどういうものかというとキャンバスだったり画用紙だったりというその表面、キャンバス自体の表面のありようですね。それを言うんですけどとりあえず「テクスチャ」チェックします。この場合は、このテクスチャここに出てくるんですけど何もない感じですね。ブラシ先端のシェイプは通常のブラシを使っています。テクスチャに戻りますけどテクスチャを設定してみましょう。この様々なテクスチャがありますけどこれは紙の素材みたいなものですね。いじってしまっていたので0に戻しますね。テクスチャを設定すると拡大・縮小・明るさ・コントラストなんてのがありますけど「コントラスト」というのはやはりプレビューを見て下さい。0にすると、これがデフォルトのここで見えている...見えているといっても凄く小さくてわかりづらいんですけどその素材を使って今言ったベーシックなものですね、それがテクスチャを与えられたブラシ、ストローク普通の丸いブラシです。ここで「コントラスト」を上げるとどうなるのかというとコントラストというのはもうテクスチャ自体のコントラストなのでこんな風になります。 下げるとコントラストはなくなりますのでこういうブラシですね。今描画モードというのは「乗算」になってるんですけどいろんな、ここで描画のモードが選べますのでこれによってもオーバーレイだとほとんど分からないですけどブラシによって全然変わってきますので色んなブラシを描画モードを変えながら試してみると面白いと思います。この点描がちょっと強すぎるなと思ったらこの「深さ」の設定なんかをすると更に自分のお気に入りのテクスチャを与えたブラシを使うことができます。更にここをクリックすると他のテクスチャがありますのでそんなのも選ぶと良いと思います。わかりやすい所選んでしまいますけど深さを強くしましょう。「コントラスト」もちょっと上げてしまってそうすると、こんな風にこれ何かというと実はパターンっていうものですね。そこにパターンプレートというのは別にあるんですけどそこにパターンは保存されていればそのパターンを自分で作って保存する、で保存されていればこのパターンを使ってここにカラーのものがありますけど色は使えないんですけど高さのキャンバスの高さとして設定してストロークをかけることができます。テクスチャも出ている絵画ではとても有効なのでこの辺も使えるようにしておくと良いと思います。 このレッスンではブラシにテクスチャを設定しました。

Photoshop デジタル絵画入門:ツール編

Photoshopはさまざまな業界で利用されているグラフィックには欠かせないソフトウェアです。このコースではPhotoshopを使ったデジタルペインティングの基礎を解説します。Photoshopにある描画や画像コントロール機能の中からキャンバスの扱い方や描画ツールの設定、色調整や最終調整の仕方などデジタル絵画やイラストを描くさいに使える便利な機能を学びます。

3時間40分 (50 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
プラン加入者限定
発売日:2016年10月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。