Photoshop デジタル絵画入門:ツール編

アートヒストリーブラシを使えばいきなりアーティスト

全412コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
アートヒストリーブラシは単純に元に戻すのでは無く、ターゲットとなるヒストリーを使ってアーティスティックな効果を与えながら戻します。
講師:
02:41

字幕

このレッスンでは、アートヒストリーブラシについて解説していきます。アートヒストリーって何でしょう。ヒストリーは元に戻って今までの経歴を辿っていくことができるようなブラシなんですけれどもそこにアートが付いている。とりあえず、アートヒストリーブラシです。これは今、画像を開いてモノクロ変換して一部だけ元に戻しているんですけどもヒストリーブラシを使ってこの辺を戻しているんですけどもアートヒストリーブラシを使いましょう。アートヒストリーブラシも使い方はヒストリーブラシとほぼ同じです。だが、少し差があるのはここに今戻そうとしているんですけどもブラシの効果がちょっと違ってきます。もうなぞるだけで分かるんですけれどもちょっとこうやってきますね。これはアーティスティックな印象派風な感じがしますよね。そんな感じに戻してあげています。全体戻ります。こんな効果を与えることができます。「しっかり」とか短いストロークだったら「短い」を選んで細かいところが表現できたりします。「長く」だと、ザックリとしてブラシを走らせてるような様子こんな風に色んなものがありますのでこのカールなんかも面白いんですけどもこのグルグル回ったような状態ですね。 長いカールなんで全くは元に戻らないので一回こうやっても緩いカールにしましょう。こんな風にいくらでも重ねていくことができます。ストロークして気に要らないと思ったら元の「しっかり(短く)」みたいなものにすれば結局、絵の元になっているのはこれなのでここでどんなに壊れたとしてもこの絵に戻していくので安心して使うことができます。こうして面白い絵作りがまたできたらいいですよね。これで 1 枚の絵を描くだけで何枚も色んな形の絵を作ってしまうことができる、非常に効果的なツールです。このレッスンではアートヒストリーブラシについて解説しました。

Photoshop デジタル絵画入門:ツール編

Photoshopはさまざまな業界で利用されているグラフィックには欠かせないソフトウェアです。このコースではPhotoshopを使ったデジタルペインティングの基礎を解説します。Photoshopにある描画や画像コントロール機能の中からキャンバスの扱い方や描画ツールの設定、色調整や最終調整の仕方などデジタル絵画やイラストを描くさいに使える便利な機能を学びます。

3時間40分 (50 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
プラン加入者限定
発売日:2016年10月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。