近日弊社のプライバシーポリシーが更新されます。プレビューをご覧ください。

Photoshop デジタル絵画入門:ツール編

消しゴムツール、背景消しゴムツール、マジック消しゴムツール

全438コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
3種類の消しゴムツールはを使えば様々に効果的な絵作りをする時にも役立ちます。
講師:
04:30

字幕

このレッスンでは、消しゴムツール・背景消しゴムツール・マジック消しゴムツールこの 3 つの消しゴムツールについて解説していきます。まず消しゴムツールですね。消しゴムツールを長押しすると今の 3 つが出てきます。消しゴムツールはもうブラシを使うときとほとんど変わらない状態なんですけれども例えば、今ここで消しゴムツールをそのまま使っていきますけれども消しゴムツールを使うと紙の色が見えてきます。紙の色というのは背景色のこの色で、今白ですね。戻しますけれどもこれで、例えば背景の色を黒にするとお分かりだと思いますけれども黒になります。消しゴムを使って色を消していくと背景のこの色になります。黒と白だと分からないというときは例えば、紙の色を赤にしてそうすると、赤になります。単純に背景色を表示していくのはこの消しゴムです。次が「背景消しゴム」です。背景消しゴムとはどういうものかちょっと分かりにくいですよね。今これ「背景」です。一枚の絵なので「背景」になっていますけれどもここに背景消しゴムを使っていきます。例えば、ここら辺をこういう風にしていくと透明になっていきますね。背景に透明というのは通常使えないんですけれどもブラシングした所は透明になります。ということは「背景」自体が今レイヤーパレットの方を見ると「背景」ですがカーソルを放した瞬間に「レイヤー」に変換されて透明がそのまま出てきます。 あとは同じようにこういう風に使っていくことができます。これが「背景消しゴム」でした。元に戻しますね。もう1つ、「マジック消しゴム」これこそ分かりにくいんですけどもこれはクリックするとクリックしたポイントと連続した色を近似値が、今「許容値」が 32 ですが32 の許容値を持って近似値をこうずっと連続していないといけないんですけれども消していってくれます。あんまりこうやって消してしまうと何だか分からなくなるんですけども例えばこういう使い方の一つですけれどもレイヤーを一枚作っておいてマジック消しゴムでこんな風に消してみます。「背景」のほうも消してみましょうかね。「背景」があるので、そのまま表示させればこんな感じになりますけれどもこの「背景のコピー」の色をちょっと変換してみます。単純に「色調補正」で色を変換してみようと思います。「カラーバランス」「色相・彩度」ここら辺です。「色相・彩度」を弄ってみましょう。これをこう動かすだけで、この「背景のコピー」だけが色を変換されるのでまた新しい効果を生み出すことができると思います。今変わっていないここの部分っていうのは下にある「背景」が表示されています。上の「背景のコピー」だけマジック消しゴムで透明な部分を作ってそこだけ色を変えています。 そういうのを合成させたい画像も手軽にできるようになります。このレッスンでは、消しゴム・背景消しゴム・マジック消しゴムこの 3 つの消しゴムについて解説しました。

Photoshop デジタル絵画入門:ツール編

Photoshopはさまざまな業界で利用されているグラフィックには欠かせないソフトウェアです。このコースではPhotoshopを使ったデジタルペインティングの基礎を解説します。Photoshopにある描画や画像コントロール機能の中からキャンバスの扱い方や描画ツールの設定、色調整や最終調整の仕方などデジタル絵画やイラストを描くさいに使える便利な機能を学びます。

3時間40分 (50 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
プラン加入者限定
発売日:2016年10月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。