Excel 2013 テーブルをもっと使いこなそう!

テーブルとは何か

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
テーブルとは何か。どんな特徴があり、なぜこれからのExcelで重要なのかを紹介します。
講師:
03:44

字幕

このレッスンではテーブルとは何かについて解説します。テーブルとは指定したセル範囲をExcel が特別な領域と認識し一般的なワークシートではできなかった機能を実現するいわばセル範囲の拡張版です。実はテーブルの前身となる機能としてExcel 2003 までにはリスト機能というのがありました。しかしこのリスト機能、それ程便利ではありませんでした。使っていた人はそう多くないでしょう。このリスト機能Execl が 2007 へとバージョンアップする時名前をテーブル機能と変え、様々な便利な仕組みがふんだんに盛り込まれたのです。では具体的にテーブルをお見せしましょう。これがテーブルです。ここでは一つのワークシート上に二つのテーブルを作ってあります。なおテーブルの操作や設定に関してはあとのレッスンで詳しく解説します。テーブルの持つ特徴の一つはこのようにタイトル行にオートフィルター機能が追加されるという事です。オートフィルターはデータベースを簡単に絞り込む便利な機能でExcel の標準機能の一つです。しかしオートフィルターは一つのワークシート上で一つの表にしか設定できません。このようにオートフィルターを一つのワークシート上で離れた二つの表に設定することはできないのです。 しかしオートフィルター機能を内包しているテーブルであればテーブルを設定する事によって一つのワークシート上で複数の表にオートフィルターを設定する事が可能になります。またテーブルというのはExcel がその範囲を自動的に特別な領域と認識しています。例えば新しい列を追加する時ただタイトルを入力するだけでその列をテーブルの一部として拡張してくれます。計算式なども一つのセルに一つの計算式を入れるだけで自動的に全ての列に同じ数式を代入してくれます。このように便利なテーブル機能これからの Excel ユーザーはこのテーブル機能を使うことがポイントになってきます。なぜならこれから普及するであろうクラウドという仕組みではネットワーク上にあるサーバーから、Excel に対してデータをわたす時今までのようなスッピンのワークシートではなく、このテーブル機能で提供されるからです。例えば Excel と親和性の高い SQL Server やSharePoint Server ではExcel のデータをこのテーブル形式で提供していきます。したがって我々 Excel ユーザーは今後このテーブルの機能を熟知し、テーブルを使いこなせないと仕事がしずらいということになります。 ぜひテーブルを活用して下さい。このレッスンではテーブルとは何かについて解説しました。

Excel 2013 テーブルをもっと使いこなそう!

Excelで活用するデータは手で入力されるばかりでなく、ネットからダウンロードしたり、サーバーから提供されることも珍しくありません。それを扱うにはテーブルをよく理解し、効率よく操作できる必要があります。このコースではテーブル機能の基本的な仕組みから、便利で使えるさまざまな活用テクニックまで幅広く解説します。

1時間28分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年04月30日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。