近日弊社のプライバシーポリシーが更新されます。プレビューをご覧ください。

Photoshop デジタル絵画入門:ツール編

長方形選択ツール 、楕円選択ツール、投げ縄ツール

全437コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
選択ツールは編集の範囲を設定して描画しやすくするためのツールです。
講師:
07:38

字幕

このレッスンでは、長方形選択ツール・楕円選択ツール・なげなわツールこの 3 つのツールについて解説していきます。すべて 3 つとも、選択ツールです。選択というのはどういうことかというとツールボックスの上から 3 番目のこの「なげなわツール」そして2 番目にある「長方形選択ツール」これが「長方形選択ツール」そして「楕円選択ツール」この3つですね。「なげなわツール」まず「長方形選択ツール」から行きますけれども「長方形選択ツール」というのはこうやってドラッグしてここからスタートしてここまでドラッグをします。そうすることによって選択範囲ができます。この点線の中は何かというと選択した範囲のみを編集できるというものです。外側は編集できません。ですから、外側からこんな風に描いていっても、外側は編集できませんので線の端からこんな風にスパッとナイフで切ったような感じになります。選択範囲を外すのはメニューから「選択を解除」で解除するとこういう感じですね。元々の四角形が残っているような感じですけれども選択範囲がないと外から描けてしまうわけですね。これが選択範囲です。長方形選択ツールでもドラッグするときにShift キーを押していきます。 その時 Shift キーを押した瞬間正方形になるんですね。何も押していないとこうフリーな感じなんですけれどもShift キーというのは常に何らかの強制を掛けます。作った範囲が少しズレているここまで全部をカバーしたいという時はそのままこう動かすことができます。選択ツールを持っていればそれが可能になります。その中で絵を描いていくことです。四角いものを描きたい時はこういうツールを使うといいと思います。選択範囲を外していきます。解除ですね。こういう形が描けます。次に、レイヤーを一枚追加してこのレイヤーを非表示にして追加しますね。ここで「楕円選択ツール」を使います。楕円ですね。やはり同じにドラッグします。同じなんですけれども今度のドラッグした時のその選択される範囲は長方形選択ツールを使ってここからここまでドラッグした中のこういう範囲が楕円選択になります。ここまででここがなくなるわけですね。ここの部分がなくなります。ここからここまでドラッグしているんですね。ドラッグ自体はここからここまでドラッグしているんですけれどもその内側に接するような円ができます。やってみましょうね。ここから楕円選択ですね。ここからスタートしてこういう風にドラッグしていくと、その内側に選択範囲があるという事はその中は編集できるがその外側は編集できないという事ですからブラシを使うとよく分かりますね。 これは選択範囲、描画だけではなくてその範囲をコピーしたりとか様々な効果をまたこの上に与えることができるんですけどもとりあえずはこの選択する編集領域を決めるという風に考えてもらえばいいと思います。もう一つ、「なげなわツール」これは自由ななげなわなのでこれをこんな風に取り囲むというようなもう一回やります。こんな風に取り囲んで選択範囲を作ることができます。選択範囲の中だけ編集できるので例えば、ここで塗りつぶしを掛けていきますけれどもこっちの「塗りつぶし」描画色が今赤っぽくなっているのでそうすると、この中だけが塗りつぶされます。選択範囲がないと、外側もすべて塗りつぶされてしまいますよね。選択範囲がある状態で、例えば描画色をちょっと変えますね。描画色をこんな色にして背景色がこの色です。グラデーションを掛けてみようと思います。ここの「グラデーション」中心から外側に向かってのグラデーションを掛けると、今こんなになっちゃいました。これはコレですね。これが描画色から背景色へというグラデーションです。これでこう掛けるとこんな形のハートができたりします。選択範囲を解除します。なげなわツールというのはドラッグして選択範囲を確定して編集領域を決める。 楕円選択ツールというのはやはりドラッグしていって正円にしたい時はShift を押して下さい。長方形と同じです。丸い選択範囲を作って編集領域にする。長方形選択ツールは斜めにドラッグしていってShift を押すとやはり正方形になります。Shift を押さなければこういう風に長方形が描けますのでこの描いた範囲の中を編集領域にしていきます。例えば、ここでは消しゴムツールなんかを使うとレイヤーに対しての消しゴムツールなので白くはならず、透明になります。「背景」の色になりますよね。背景に消しゴムを今使ってみますけれどもこの赤い「背景」の色が出てきますね。選択範囲を外します。このように選択範囲というのは編集領域を決めるものです。これを上手く使うと色々編集が楽になります。描画が楽になります。ぜひ使ってみて下さい。

Photoshop デジタル絵画入門:ツール編

Photoshopはさまざまな業界で利用されているグラフィックには欠かせないソフトウェアです。このコースではPhotoshopを使ったデジタルペインティングの基礎を解説します。Photoshopにある描画や画像コントロール機能の中からキャンバスの扱い方や描画ツールの設定、色調整や最終調整の仕方などデジタル絵画やイラストを描くさいに使える便利な機能を学びます。

3時間40分 (50 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
プラン加入者限定
発売日:2016年10月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。