Photoshop デジタル絵画入門:ツール編

ぼかし、シャープ、指先ツールでの描画

全412コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
エッジを柔らかくしたり、強調したり、色を引き延ばす特殊なツールです。
講師:
04:33

字幕

このレッスンではぼかし・シャープ・指先ツールでの描画方法を学んでいこうと思います。まずぼかしツールはここにあります。水滴みたいなものですね。この「ぼかしツール」それからここにある「シャープ」押したままにすると「シャープ」そして「指先ツール」というのがあります。この 3 つです。まずぼかしツールからです。ちょっと拡大をしますね。この絵はエッジにグリーンの最初に描いたラインが残っているんですけれどもそういう部分を少し弱くしたい時こんなぼかしツールを使います。ぼかしを使ってドラッグしていくとこれによって柔らかいタッチを作ることができます。背景にあるものとかに対して柔らかいタッチこういうのを心がけていくと手前にある強調したい部分が鮮明に見えてくるようになります。これがぼかしツール今ちょっと右側だけをサッとこうぼかしツールを使っていますけれども全体を見てみましょう。この辺がちょっと柔らかくなって背景に溶け込んだと思います。こちらと比較してみて下さい。こちらもやってみましょうか。ブラシングするだけで大分表情が違ってきますよね。これがぼかしですね。では、もう一つ「シャープ」ツールこれは逆ですね。あまり鮮明にならなかったという部分例えば、この椅子のここのところとかちょっとこのグリーンのラインが弱いんですけれども鮮明にするというか、シャープツールを使うと強調されるのが分かりますよね。 色の差が激しいところ明度の差が激しくてもいいですけどもそういうところなぞっていくとこんな風に強調されて見えてくるようになります。先程よりもくっきりした感じになりましたよね。もう一つ、「指先ツール」これもなかなか面白いツールでこの画面の中ではなかなか使う部分がないんですけども例えば、この画用紙のところにまず何か描いてみましょう。この色を使っていきますね。Alt キーを押してスポイトああ ブラシになっていないですね。Altキー押して、スポイトここに何かこう描きますね。100% になっていないですね。ブラシツールで 100%ちょっと変な魚みたいなものができましたけれどもこれを使って、指先ツールを使っていきます。指先ツールというのは指先でちょうど絵具をなぞっていくようなツールなんですね。なので、ここでこうやってなぞっていくだけでなぞる時のこのぼかした感じギュッとこう絵具が動いた感じこれはこの強さなどもコントロールできます。強くすると、こんな感じになってきますね。指先で濃い絵具をこねているような雰囲気になってきますよね。こういうところも、指先を使って描く。こんな風な表情を出すことができます。エッジの辺りも、指先でもいいですしさっきのぼかしツールを使っても面白く柔らかい表現ができると思いますのでこういうものもぜひ一緒に使ってみて下さい。 完成したところです。こんな感じですね。いかにも描いているという雰囲気になったと思います。このレッスンでは、ぼかし・シャープ・指先ツールでの描画方法を学んでいきました。

Photoshop デジタル絵画入門:ツール編

Photoshopはさまざまな業界で利用されているグラフィックには欠かせないソフトウェアです。このコースではPhotoshopを使ったデジタルペインティングの基礎を解説します。Photoshopにある描画や画像コントロール機能の中からキャンバスの扱い方や描画ツールの設定、色調整や最終調整の仕方などデジタル絵画やイラストを描くさいに使える便利な機能を学びます。

3時間40分 (50 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
デザイン/イラスト
プラン加入者限定
発売日:2016年10月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。