Excel 2013 テーブルをもっと使いこなそう!

範囲の自動拡張

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
テーブルの範囲は、特に意識することなく、自動的に拡張されます。テーブル範囲の自動拡張について紹介します。
講師:
03:05

字幕

このレッスンではテーブル範囲の自動拡張について解説します。Chapter 2 のBasic Xlsx を開きSheet 1 を開いて下さい。まずこの表にテーブルを設定してみます。アクティブセルが表の中にあることを確認し、挿入タブを開きます。テーブルボタンをクリックすると、テーブルの作成ダイアログボックスが表示されます。OK ボタンをクリックするとこの表にテーブルが設定されます。テーブルの大きさはExcel が自動認識しています。テーブルを自動拡張するには難しい操作はいりません。テーブルの下に新しいデータを入力するとそれだけでテーブルが自動拡張されます。もちろん横方向も同じです。セル E 1 に新しいタイトルを入力すると表が自動的に拡張されます。このようにテーブルの大きさが自動拡張された時セルにはオートコレクトのオプションボタンが表示されます。このボタンをクリックするとメニューが表示されます。テーブルの自動拡張を元に戻す、を実行すると自動拡張された範囲は元に戻ります。あるいはオートコレクトオプションの設定を実行するとこうした自動拡張に関する設定項目が表示されます。ボタンをクリックし自動的にテーブルを拡張しないを選択すると、これ以降、テーブルの自動拡張は行なわれません。 例えば同じ E 1 に別のタイトルを入力してみます。テーブルの大きさは自動拡張されません。このような時は先程のオートコレクトのオプションダイアログボックスを表示します。ファイルメニューをクリックしオプションをクリックします。表示される Excel のオプションダイアログボックスの文書校正を開きオートコレクトのオプションボタンをクリックします。実行すると先程と同じオートコレクトの設定ダイアログボックスが表示されます。チェックボックスを確認しオンにしてから OK ボタンをクリックして下さい。このレッスンではテーブル範囲の自動拡張について解説しました。

Excel 2013 テーブルをもっと使いこなそう!

Excelで活用するデータは手で入力されるばかりでなく、ネットからダウンロードしたり、サーバーから提供されることも珍しくありません。それを扱うにはテーブルをよく理解し、効率よく操作できる必要があります。このコースではテーブル機能の基本的な仕組みから、便利で使えるさまざまな活用テクニックまで幅広く解説します。

1時間28分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年04月30日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。