Excel 2013 テーブルをもっと使いこなそう!

集計行の特徴

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
テーブルで挿入される集計行にはSUBTOTAL関数が使われます。集計行の特徴について紹介します。
講師:
03:04

字幕

このレッスンではテーブルの集計行について解説します。Chapter 2 の Basic Xlsx を開きSheet 2 を開いて下さい。まずこの表にテーブルを設定しましょう。アクティブセルが表の中にあることを確認し、挿入タブを開きます。テーブルボタンをクリックするとテーブルの作成ダイアログボックスが表示されます。OK ボタンをクリックするとこの表にテーブルが設定されます。テーブルの集計行を表示するにはデザインタブの集計行チェックボックスをオンにします。実行するとテーブルの最下行に集計行が挿入されます。集計行のセルではアクティブセルを移動するとボタンが表示され、クリックすることでどんな計算をするかを選択することができます。もちろん自分で関数を手入力することも可能です。やってみましょう。隣の C 列に SUM 関数を手入力してみます。= sum と入力し、括弧( を入力します。計算範囲であるセル C 2 からC 15 までをドラッグします。閉じ括弧)を入力すると完成です。このように手入力でも選択した計算方法でも計算をすることが可能です。しかしこのテーブルをオートフィルターなどで絞り込んだ時に様子が異なります。 例えば B 列の名前を田中で絞り込んでみます。なおテーブル機能のオートフィルターに関しては別のレッスンで詳しく解説します。OK ボタンをクリックするとテーブルが田中だけで絞り込まれました。集計行の計算方法から選択したセル D 16 では現在表示されている数字だけが合計されています。それに対して手入力で入力した SUM 関数は非表示になっているセルも合計の対象になっています。これは SUM 関数が非表示のセルも合計するという仕様だからです。このように集計行には任意の関数を手入力することも可能ですがオートフィルターと併せて利用することを考えて選択した計算を行なう方が無難です。このレッスンではテーブルの集計行について解説しました。

Excel 2013 テーブルをもっと使いこなそう!

Excelで活用するデータは手で入力されるばかりでなく、ネットからダウンロードしたり、サーバーから提供されることも珍しくありません。それを扱うにはテーブルをよく理解し、効率よく操作できる必要があります。このコースではテーブル機能の基本的な仕組みから、便利で使えるさまざまな活用テクニックまで幅広く解説します。

1時間28分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年04月30日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。