Excel 2013 テーブルをもっと使いこなそう!

重複の削除

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
テーブル内で重複したデータを削除する方法を初回します。
講師:
02:48

字幕

このレッスンでは重複の削除機能について解説します。Chapter 2 の Basic Xlsx を開きSheet 4 を開いて下さい。まずこの表にテーブルを設定します。アクティブセルが表の中にあることを確認し、挿入タブを開きます。テーブルボタンをクリックするとテーブルの作成ダイアログボックスが表示されます。OK ボタンをクリックするとこの表にテーブルが設定されます。さてこの表では名前、地域、金額の三項目とも重複しているデータが三件あります。ここでは判断しやすいように太字にしておきました。二番と四番と八番です。このように重複データがあった場合、それをワンタッチで削除する機能がテーブルにはあります。デザインタブの重複の削除ボタンをクリックします。実行すると重複の削除ダイアログボックスが表示されます。ここでは各列の、どの列を判断するかを選択できます。標準ではすべてが選択されています。今回は番号は関係なく名前と地域と金額の三項目が重複しているデータだけを削除してみましょう。OK ボタンをクリックすると削除が実行されます。その時どのデータが削除されるかに注目して下さい。現在重複しているのは二番と四番と八番です。 では OK ボタンをクリックしてみましょう。実行すると削除をした旨のメッセージが表示されます。三項目重複していましたが残ったのは二番つまり、一番上です。重複の削除機能では常に一番上にあるデータが残り、それ以外が削除されるという特徴があります。なおこの重複の削除は元に戻すボタンで操作を戻すことも可能です。このレッスンでは重複の削除について解説しました。

Excel 2013 テーブルをもっと使いこなそう!

Excelで活用するデータは手で入力されるばかりでなく、ネットからダウンロードしたり、サーバーから提供されることも珍しくありません。それを扱うにはテーブルをよく理解し、効率よく操作できる必要があります。このコースではテーブル機能の基本的な仕組みから、便利で使えるさまざまな活用テクニックまで幅広く解説します。

1時間28分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年04月30日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。