Excel 2013 テーブルをもっと使いこなそう!

数値や日付の並べ替え

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
テーブル内で数値や日付を並べ替える方法を紹介します。
講師:
08:19

字幕

このレッスンでは数値や日付の並べ替えについて解説しますチャプター3のMain.xlsxのSheet4を開いてくださいまず表にテーブルを設定しましょうアクティブセルが表の中にあることを確認して挿入タブを開きますテーブルボタンをクリックするとテーブルの作成ダイアログボックスが表示されますOKボタンをクリックすると表にテーブルが設定されますテーブル内のデータを並べ替えるには3つの方法がありますまずD列の金額列を並び替えてみましょうD列の任意のセルにアクティブセルを移動してリボンのホームタブを開き右から2番目並べ替えとフィルターボタンをクリックします表示されるメニューの昇順や降順などを実行するとD列の数字が並べ変わりますここでは昇順をクリックしてみましょう並べ変わりましたテーブル内で並べ替えを行うとタイトルに表示されているオートフィルター矢印ボタンに並べ替えているというマークが表示されます2つ目の方法はこのオートフィルター矢印ボタンをクリックすることですクリックするとオートフィルターのリストが表示されますここで昇順や降順を選択して並べ替えることも可能ですここでは降順をクリックしてみましょうD列が並べ変わりました3つ目の方法は並べ替えたいセルを右クリックして並べ替えメニューの昇順や降順を実行することですここでは昇順を実行してみましょうこのようにテーブルの中に入力された数値や日付は昇順や降順などによって並び替えることが可能です日付もエクセルはシリアル値という特別な値で管理していますので同じように昇順や降順で並び替えられますでは日付を曜日の順番で並べ替えるにはどうしたら良いでしょう日付はエクセルがシリアル値という値で管理していますシリアル値は1900年1月1日を1とした連続した数値ですその数値の中に曜日の情報は含まれていませんしたがって並べ替えに限らず例えばオートフィルターの日付フィルターを使っても曜日に関して絞り込むことはできません同じようにただ入力されているだけの日付で曜日で並べ替えることは不可能ですこういう時は日付に含まれている曜日を文字列として取り出しますセルE1をクリックしてアクティブセルを移動しますここに曜日と入力しましょう実行するとテーブルが自動的に拡張されて曜日の列が追加されましたここに日付から曜日を文字列形式で抜き出すテキスト関数を使用します=TEXTと入力して括弧を入力します基になる値が入っているセルつまりB2をクリックします引数の区切りであるカンマを入力してaaaaと入力しますこの時ダブルクォーテーションで囲むのを忘れないでください閉じ括弧を入力して数式を確定するとテーブルの場合全ての行に同じ計算式が代入されますこれで曜日を表す文字列を抜き出すことができましたエクセルでは曜日を連続した値として入力することができますやってみましょう任意のセルに 日曜日と入力しますアクティブセルを入力したセルに合わせてフィルハンドルをドラッグすると日曜日...月曜日...といった連続データが作成されますこれはエクセルがこうした曜日の並びを覚えているのではなく日曜日...月曜日...という並びをユーザー定義として標準で登録されているからですまずその登録されているユーザー定義リストを確認してみましょうファイルタブをクリックしてオプションを実行します表示されるエクセルのオプション・ダイアログボックスで詳細設定を選びます右側の画面を下の方にスクロールしていくとユーザー設定リストの編集というボタンが表示されますクリックしてみましょう実行するとユーザー設定リストというダイアログボックスが表示されますここに日...月...あるいは日曜日...月曜日...といった連続したデータが登録されていますエクセルはこれを頼りに連続データを作成しますもちろんこのユーザー設定リストに新しい独自の並び順を登録すると例えば田中...山田…といった連続データをフィルハンドルで作成することも可能です曜日を並べ替えるにはこのユーザー設定リストを活用しますダイアログボックスをキャンセルボタンで閉じてくださいエクセルのオプション画面もキャンセルで閉じます曜日を並び替えるには曜日の列にアクティブセルを移動します右クリックすると表示されるメニューの並べ替えをポイントしますサブメニューの一番下にあるユーザー設定の並べ替えを実行します並べ替える列を指定しましょう列は曜日ですね並べ替えのキーになるのは入力されている値なのでこのままで結構ですポイントは並べ替えの順序です一般的には昇順または降順を選択することが多いのですが3つ目のユーザー設定リストを選択すると先ほどのユーザー設定リストが表示されますここで並べ替えの基準を選択することが可能ですここでは日曜日...月曜日...と入力されているリストを選択してOKボタンをクリックしますこの状態でOKボタンをクリックすると曜日が日曜日...月曜日...の順序で並べ変わります日付を曜日の順番で並べ替えるにはこの方法しかありません覚えておくと良いでしょうこのレッスンでは数値や日付の並べ替えについて解説しました

Excel 2013 テーブルをもっと使いこなそう!

Excelで活用するデータは手で入力されるばかりでなく、ネットからダウンロードしたり、サーバーから提供されることも珍しくありません。それを扱うにはテーブルをよく理解し、効率よく操作できる必要があります。このコースではテーブル機能の基本的な仕組みから、便利で使えるさまざまな活用テクニックまで幅広く解説します。

1時間28分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年04月30日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。