Excel 2013 テーブルをもっと使いこなそう!

色による並べ替え

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
テーブル内でセルの色で並べ替える方法を紹介します。
講師:
03:40

字幕

このレッスンでは色による並べ替えについて解説します。Chapter 3 の Main Xlsx を開きSheet 6 を開いて下さい。この表には D 列に条件付き書式が設定されています。まずその条件付き書式を確認しましょう。リボンの条件付き書式ボタンをクリックして、一番下、ルールの管理を実行します。書式ルールの表示リストでこのワークシートを選択します。実行するとこのワークシート上で設定されている条件付き書式が表示されます。このワークシートには二つの条件付き書式が設定されています。一つはセルの値が 300 より小さかった時、青く塗りつぶしもう一つはセルの値が 800 より大きかった時、赤く塗りつぶすという二つの条件付き書式です。これは閉じるボタンを押して閉じておきましょう。ではこの表にテーブルを設定します。アクティブセルが表の中にあることを確認して、挿入タブを開きます。テーブルボタンをクリックすると、テーブルの作成ダイアログボックスが表示されます。OK ボタンをクリックすると表にテーブルが設定されます。この D 列を色で並べ替えてみましょう。D 列のオートフィルター矢印ボタンをクリックして、色で並べ替えを実行します。 例えば赤色の塗りつぶしを選択すると、赤が上に来ます。あるいは同じ操作で青の塗りつぶしを選択すると、青が上に来ます。では上から順番に赤、塗りつぶしなし、青という順番に並べてみましょう。オートフィルター矢印ボタンをクリックします。色で並べ替えをポイントします。表示されるサブメニューの一番下にあるユーザー設定の並べ替えを実行します。まず並べ替えの基準となる列は金額になっているのを確認します。並べ方のキーはセルの色です。一番上には赤い塗りつぶしを指定しましょう。次にレベルを追加します。レベルの追加ボタンをクリックして下さい。上の行と同じように列に金額を選びます。並べ替えのキーにはセルの色を選びます。そして真ん中はセルの色なしを指定しておきます。そうすると必然的に青いセルは一番下に並べ変わります。この状態で OK ボタンをクリックすると、上から赤、塗りつぶしなし青の順番で並べ替えることができます。このレッスンでは色による並べ替えについて解説しました。

Excel 2013 テーブルをもっと使いこなそう!

Excelで活用するデータは手で入力されるばかりでなく、ネットからダウンロードしたり、サーバーから提供されることも珍しくありません。それを扱うにはテーブルをよく理解し、効率よく操作できる必要があります。このコースではテーブル機能の基本的な仕組みから、便利で使えるさまざまな活用テクニックまで幅広く解説します。

1時間28分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年04月30日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。