Excel 2013 テーブルをもっと使いこなそう!

タイトル行の表示

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
テーブルのタイトルが、列番号に自動的に表示される仕組みを紹介します。
講師:
02:39

字幕

このレッスンではタイトル行の表示について解説します。Chapter 3 の Main.xlsx を開きSheet 7 を開いて下さい。まずこの表にテーブルを設定します。アクティブセルが表の中にあることを確認し、挿入タブを開きます。テーブルボタンをクリックするとテーブルの作成ダイアログボックスが表示されます。OK ボタンをクリックするとこの表にテーブルが設定されます。さてテーブルには様々な機能がありますが、実は隠れた、とても素晴しい機能があるのです。お見せしましょう。このように表があった時通常はタイトルが一番上に入力されています。もし表が下にずっと長かった場合もちろんワークシートをスクロールするのですがその時、一般的には表のタイトルが見えなくなってしまいます。ではテーブルではどうでしょう。このワークシートを下にスクロールすると、このように列番号の所にタイトルが表示されます。これは特に特別な設定が必要なわけではなく、テーブルを設定しておくと必ずこういう状態になります。このようにタイトルが列番号に表示されるのはアクティブセルがテーブルの中にある時だけです。もしアクティブセルがテーブルの外にあると、テーブルのタイトルは表示されなくなります。 このように表示されるテーブルのタイトルは必ず左寄せで表示されます。これを中央寄せなどに変更する事はできません。このように大きな表の場合タイトルが隠れてしまうことから、ワークシートの枠を固定したりワークシートを分割するなどみなさん様々な工夫をしてきたはずです。しかしテーブルに設定しておくだけで、もうそういった苦労はいらないのです。このレッスンではテーブルのタイトル行の表示について解説しました。

Excel 2013 テーブルをもっと使いこなそう!

Excelで活用するデータは手で入力されるばかりでなく、ネットからダウンロードしたり、サーバーから提供されることも珍しくありません。それを扱うにはテーブルをよく理解し、効率よく操作できる必要があります。このコースではテーブル機能の基本的な仕組みから、便利で使えるさまざまな活用テクニックまで幅広く解説します。

1時間28分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年04月30日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。