Excelで扱うCSVファイル

ファイルに書き込む

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
テキストファイルに、任意の文字列を書き込む方法を解説します。
講師:
05:41

字幕

このレッスンではテキストファイルにデータを書き込む方法について解説します。尚、このレッスンでは C ドライブのWork フォルダーにファイルを出力します。C ドライブに Work フォルダーがない方はWork という名前のフォルダーを作成して下さい。さて Open ステートメントで開いたテキストファイルに何らかのデータを書き込む時はPrint という命令を使います。これは Print ステートメントです。書式は Print の後ろに書き込みたいファイルの番号を指定します。そして、カンマで区切り書き込みたいデータを指定します。例えばここではPrint #1, "tanaka"という文字を指定しています。これを実行すると 1 番で開いたファイルに対してTanaka という文字列が書き込まれます。ここでは文字列と表記していますがここには文字列だけでなく変数、あるいはセルを指定することも可能です。変数を’指定すれば、変数の中に格納されているデータが書き込まれますしセルを’指定すれば、セルに代入されているデータが書き込まれます。また、数字を書き込むことも可能です。具体的なコードを見てみましょう。まず書き込みたいファイルをOpen ステートメントで開きます。 ここでは C Work フォルダーの test01 というテキストファイルにしていました。ファイルの用途、使い道である for にはOutput または Append を指定します。Output を指定すると、それまでファイルに書き込まれていたデータはすべて消えてしまい新しく書き込むデータだけが残ります。一方の Append を指定するとそれまで入力されていたデータはそのままで新しいデータが末尾に追記されます。ここでは Output を指定しました。尚 Output または Append を指定した場合Open ステートメントで、もし存在しないファイルを指定してもVBA が自動的にそのファイルを作成してくれます。2行目以降に Print ステートメントで文字列を書き込むコードは書かれています。ここでは tanaka、suzuki、yamadaという3つの文字列を書き込むようにしてみました。ではこのマクロの動作を確認してみましょう。Chapter03 のOutput.xlsm を開きSheet1 を開いて下さい。まず VBE を起動します。「開発」タブを開き、左端の「Visual Basic」ボタンをクリックします。 実行すると VBE が起動します。ここでは「標準モジュール」の中の「Module1」をダブルクリックして下さい。2つのプロシージャを用意しておきました。まず1つ目のプロシージャを実行してみましょう。Sample1 と書かれたプロシージャの中にカーソルを置きツールバーの「Sub/ ユーザーフォームの実行」ボタンをクリックします。エラーメッセージは出ませんね。ということはマクロが正常に終了したということです。C Work フォルダーを見ると test01 というテキストファイルが作成されています。ダブルクリックで開いてみましょう。この様に Print ステートメントではデータを出力すると末尾に自動的に改行コードが追加されます。これが Print ステートメントの特徴です。よく覚えておきましょう。では2つ目のプロシージャを実行してみましょう。Sub Sample2 というプロシージャでは今度は文字列ではなくアクティブシートのセルに代入されているデータを書き込むようにしています。アクティブシートではセル A1 に日付B1 に文字列C1 に数字が入力されています。先程と同じ C ドライブのWork フォルダーにtest01 という名前のファイルを作成しています。 この Sample2 を実行してみましょう。C Work フォルダーのtest01 ファイルが上書きされます。ダブルクリックで開いてみるとセルに代入されているデータがテキストファイルに書き込まれました。これが Print ステートメントを使ったテキストファイルへの書き込みです。このレッスンではテキストファイルにデータを書き込む方法について解説しました。

Excelで扱うCSVファイル

CSV形式で保存されたテキストファイルをダブルクリックすると通常Excelが自動的に起動しますが、しばしばデータが正しく読み込まれないなどのトラブルが発生します。このコースでは必要な用途に合わせて適切にデータを読み込めるように、CSVファイルを扱ううえで必要な知識や読み込み・出力のさいの注意点などについて解説します。

2時間04分 (20 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年03月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。