Excelで扱うCSVファイル

For Nextをネストする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ワークシートを縦横に操作するには、繰り返しのFor Nextステートメントを2つ重ねて使用します。
講師:
06:16

字幕

このレッスンでは For Next をネストするというやり方について解説します。ワークシートに入力されたデータをCSV のデータとして出力するにはワークシートのセルを行方向と列方向に順番に操作できなければいけません。その時には繰り返し命令の For Next を二重に使います。For Next の中に、またFor Next を書くような書き方です。この様なやり方を「ネスト」と呼びます。まず For Next の動作についておさらいしておきましょう。例えばこの様に変数 i を用意してFor i = 1 To 5と変数 i を1 から 5 まで順に1つずつ増やすようにします。この 1 ずつ増える変数 i をCells (行、列)の行に指定することで上から順番にセルを操作することが可能になります。ではこの考えでセルを右方向、列方向に操作するにはどうしたらいいでしょう。考え方は一緒です。ここでは今度は j という変数を宣言しています。For j = 1 To 3これは A 列、B 列、C 列つまり1列目から3列目という意味です。そしてこの変数 j をCells( 行、列)の列に指定します。すると、このマクロでセルを右方向、列方向に順番に操作することが可能になります。 この2つの考え方を合体させます。変数 i と j2つ用意します。変数 i は上から下へ1行目、2行目、3行目とカウントするための変数です。変数 j 左から右へ1列目、2列目、3列目とカウントするための変数です。そして For i = 1 To 5上から下に順番に変数 i を増やしていきます。その中で For j = 1 To 3というように今度は列の数字を123 123 123 と繰り返してやります。これらの変数 i と j をCells (行、列)の行と列にそれぞれ指定します。このマクロによってワークシートのセルを縦方向と横方向行方向、列方向に対して1つずつ操作をすることが可能になります。具体的な VBA のコードで見てみましょう。例えばこんな感じです。ここではセルの値とカンマを結合して文字列を作りますので変数 buf というのを用意しています。そして先ほどと同じように変数 i それから変数 j を用意しています。For i = 1 To 5 の中にFor j = 1 To 3 を記述しています。実際にやることは変数 buf にセルの値とカンマを結合するということです。尚、ここで注意しなければいけないのはただ結合を繰り返すだけでは文字列がどんどんどんどん大きくなっていってしまいます。 従って1行の処理が終わった所で変数 buf は毎回クリアしてあげなければいけません。そのコードが3行目のbuf = 空欄です。最後の1行ずつメッセージボックスで結合した文字列を画面に出すようにしています。ではこのマクロの動作を確認してみましょう。Chapter03 の Output.xlsm を開きSheet2 を開いて下さい。まず VBE を起動します。「開発」タブを開き、左端の「Visual Basic」ボタンをクリックします。実行すると VBE が起動します。ここでは「Module4」をダブルクリックして開いて下さい。今解説した For Next を二重につまりネストして使っているコードです。1行ずつメッセージボックスで画面に出すようにしています。尚、ここではあえて最後に余計なカンマが付けられてもそれをそのまま表示するようにしています。実際の CSV として出力する時にはもちろん最後のカンマは削除しなければいけません。ではマクロを実行してみましょう。プロシージャの中にカーソルを置きツールバーの「Sub/ ユーザーフォームの実行」ボタンをクリックします。実行すると、まず1行目のセルが結合されて画面に表示されます。 OK ボタンをクリックするごとに2行目、3行目、4行目、5行目とすべてのセルを行方向と列方向縦横に順番に操作したことがわかります。ここでは For Next をネストするというやり方について解説しました。

Excelで扱うCSVファイル

CSV形式で保存されたテキストファイルをダブルクリックすると通常Excelが自動的に起動しますが、しばしばデータが正しく読み込まれないなどのトラブルが発生します。このコースでは必要な用途に合わせて適切にデータを読み込めるように、CSVファイルを扱ううえで必要な知識や読み込み・出力のさいの注意点などについて解説します。

2時間04分 (20 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年03月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。