Photoshopでポートレート写真をレタッチ!

作業の下準備とポートレートの分析

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshopでレタッチ作業を行う前の下準備と、写真に存在する問題点の洗い出しを行います。
講師:
07:17

字幕

このビデオではPhotoshop を使ったポートレート写真のレタッチの下準備及び写真の解析について解説します。では、早速作業を始めて行くんですがその前にですね例えば皆さんの Photoshop を立ち上げると例えばこんな感じですね。人によって、ウインドウの配置がバラバラだったりするんではないでしょうか。Photoshop ですねこうやって自由にウインドウを並べ替えて自分のやり易いように並べ替えるので便利なんですけどこれからこうする勉強して頂くにあたってもう、ウインドウがバラバラだと画面が違ってしまって分からなくなるのでまずですね私の方の画面と皆さんの画面ですね同じ状態に合わせたいと思います。では、まずですね「ウインドウ」のメニューその中に「ワークスペース」というところがあるのでこれをメニュー開けてみてその中で、まずですね「初期設定」でいうところにチェック入ってない人は「初期設定」を一回選んでチェック入れてください。まず、これだけでは揃わないと思うんですけどこの上で、「初期設定をリセット」というのがこちらにあるのでこれを実行してください。するとこんな感じで画面の大きさが違うとちょっと見た目違うかもしれないですけど概ね、こんな雰囲気にウインドウが並びます。 これからですね作業していくように当たってこの状態を基本として作業を始めていきます。では、早速写真を開いて見ようと思うんですけど今ですね、ちょっと写真を何枚も開いて見ようと思います。Photoshop でファイルを開く時で「ファイル」>「開く」とあればですねファイルを開くんですけどその前に基本的に一枚づつになります。たくさんの写真を効率良くプレビューする時実は便利なツールが付いているのでそっちを是非、使ってください。では、これからですねAdobe Creative Cloud に付いているBridge というソフトに切り替えます。前に出てきたこれですねここが Adobe Bridgeというソフトですね。Bridge 何にに使うソフトかというとファイル、画像ですとか動画なんかのファイルの中身を素早く確認できるソフトです。Bridge ですねこれを開いてあげるとフォルダを開く見たいな感じですね例えば、デスクトップとか特定なフォルダとかMac と Windows でちょっと表示違うと思いますけどコンピュータの中で色んな場所を開けるようになってます。今ですねデスクトップの方に皆さんにもダウンロードしてもらったこのトレーニングビデオの assets ですねそのフォルダが置いてあります。 その中身が今表示してあります。ではChapter01、03 とありますのでChapter01 という方ですねダブルクリックしてあげるとこんな感じで、サムネールが二つ出ていて写真が二枚入っています。これ下のスライダーを動かすと大きくなった内容が分かりますね。こんな感じでどんの写真を使おうかなという時にまず、こうやってプレビューして中身を見ることができるとこれ便利だとお勧めで後ですね、じゃこの写真例えばこのおじさん二人を映っている写真ですねこれを使おうかなという時にはこのサムネールを右クリックしてあげるとメニューが出て「アプリケーションを指定して開く」となるとこの「Adobe Photoshop CC(初期設定)」で出てますね。これを選んであげればPhotoshop で開いて切り替えるとそういう動作になってます。ただ、特に特別セットしてなければ今「初期設定」で出てますがダブルクリックするだけでPhotoshop CC で開くようになってるのでその方法でやってみましょう。ではまずこの portraitanalysis.jpg というこのおじさん二人の画像ですねこれをダブルクリックします。するとPhotoshop に切り替えます。 見てってください。自動でPhotoshop に切り替えましたね。こんな感じで開くことができます。また Bridge に切り替えようと思います。これですねキーボードショートカットで変えられましてMac の人は Command+TabWindows の人はAlt+Tab を押すとアプリケーションの切り替えができるのでそれぞれやってみてください。じゃ次はこちの女性モデルさんですねWomanbasic.jpgこれもダブルクリックすればパーと開いていきます。じゃ、また同じ方法でBridge に戻します。そしたらまた assets のフォルダに戻って今度は Chapter03 の方に入ってあげるとまたこんな写真があるのででは、manbasic.jpgこの兄さんの写真ですねこれをダブルクリックしてみるとこんな感じでBridge 使うとですね中身を非常に見ながら素早く開けるので写真をいっぱい使いたいという時には便利ですね。じゃ複数を開くとこんなタブ構造になるのでその中のportraitanalysis.jpgこれですねこれを開いてみましょう。写真のレタッチってどういうことかでちょっとおさらいしておくと例えば、この写真非常にいい写真ですよね。 これを使ってポスターを作りたいな何で思ったとします。デカイポスターですね。この写真、画面のこう小さいウインドウで見てるときれいじゃないと思うんですけど部分的に拡大してみると色々問題があります。では、ツールからこの虫眼鏡のマークですね「ズームツール」これを選んであげてここがプラスになってるのが確認してですねクリックしてあげるとどんどん一部分がズームしていきます。これでですね、この倍数表示が100%になるまで持っててあげるとこんな感じですね。当たり前なんですけど服というのは拡大するとこうのように毛玉が付いてたりほこりが付いてだりします。横に行ってみるとこちの方もそうですね。服もそうですし顔の細かいとこなんかもシミとかこういったものとかまあ人間ですので絶対あるものです。まあこれですね小さい写真だと問題ないですけどデカイポスターになるともうかなり大きい画像折れ出てくるのでこういう細かいほこりとか、ちょっとしたとこも気になるなっでいう人もいますね。それを直していくのがレタッチ作業です。こちらの Womanbasic.jpgというのを切り替えるともう女性の写真なんかですとねこれ、小さくしてると非常に美しい女性ですけど拡大していくときれいな人なんですけどそういう人でももうちょっと肌のトラブルとかですねシミがあったりとかニキビの痕があったりとなります。 こういう所より完璧なものに仕上げていくのがレタッチの作業です。こちの男性の写真もそうですね。拡大していくとやっばり細かい所で、もう少し修正した方がいいかなという所があるのでそういったものを修正していくテクニックを皆さんに学習して頂こうと思います。

Photoshopでポートレート写真をレタッチ!

このコースでは肌や髪の毛などの質感の調整からライティングの補正、顔の輪郭の修正までポートレートのレタッチについてのさまざまなノウハウを学ぶことができます。プロやアマチュアのカメラマンだけではなく、Photoshopで人物画像を扱うすべてのユーザーにとってとても役に立つ内容です。

2時間11分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
レタッチ
価格: 1,990
発売日:2014年04月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。